コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川門之助(2代) いちかわ もんのすけ

2件 の用語解説(市川門之助(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川門之助(2代) いちかわ-もんのすけ

1743-1794 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
寛保(かんぽう)3年生まれ。都八重太夫の子。大坂で修業。宝暦12年江戸で初代門之助家の養子となり,4代市川団十郎に入門。明和7年2代門之助を襲名。若衆方から立役(たちやく)に転じ,安永のころ若手四天王のひとりといわれた。寛政6年10月19日死去。52歳。江戸出身。初名は滝中鶴蔵。前名は市川弁蔵。俳名は新車。屋号は滝野屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

市川門之助(2代)

没年:寛政6.10.19(1794.11.11)
生年:寛保3(1743)
江戸中期の歌舞伎役者。俳名新車,屋号滝野屋。都八重太夫の子。江戸生まれ。上方で修業を積んだのち江戸へ戻る。宝暦12(1762)年2代目市川団十郎の門人で若衆形の随一とされた初代門之助の家に養子に入って市川弁蔵と名乗り,明和7(1770)年に2代目を襲名した。元服して若衆形から立役に転じるのは安永6(1777)年。所作事をよくし,安永期には2代目市川八百蔵,3代目沢村宗十郎,初代尾上松助と共に,若手四天王と称された人気役者だった。門之助の名は現代の8代目まで続いている。3代目以降はもっぱら若女形で,4代目は4代目常磐津文字太夫として知られる。<参考文献>「新刻役者綱目」(『日本庶民文化史料集成』6巻)

(池山晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

市川門之助(2代)の関連キーワード市川門之助(2代)葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽小中一貫教育烏亭焉馬尾形乾山亀井南冥大清一統志

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone