コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉈豆/刀豆 ナタマメ

デジタル大辞泉の解説

なた‐まめ【×鉈豆/刀豆】

マメ科の蔓性(つるせい)の一年草。葉は長楕円形の3枚の小葉からなる複葉。夏、淡紅紫色か白色の花を穂状につけ、やや垂れる。豆果は長さ約30センチに達し、弓形に曲がる。熱帯アジアの原産で、江戸時代に渡来。若い莢(さや)を福神漬などにする。たちはき。 秋》「―や垣もゆかりのむらさき野/蕪村
鉈豆ギセル」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鉈豆 (ナタマメ)

学名:Canavalia gladiata
植物。マメ科のつる性一年草,園芸植物,薬用植物

鉈豆 (ナタマメ)

植物。隠元豆の別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鉈豆/刀豆の関連キーワードきせる(煙管)キセルガイ小田忠七きせる弓形穂状蔓性複葉小葉

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android