コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐公園 トキワコウエン

4件 の用語解説(常磐公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ときわ‐こうえん〔ときはコウヱン〕【常磐公園】

偕楽園(かいらくえん)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

常磐公園

1916(大正5)年に開設された市内で最も古い公園。都市公園として告示されたのは56(昭和31)年。16ヘクタールの敷地に池や木立が広がり、公会堂や学習館、美術館もある。散策やイベントに利用されるが、駐車場の少なさや堤防側の狭さから、大規模イベントでは使い勝手が悪いと指摘されてきた。

(2013-02-20 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

常磐公園

北海道旭川市にある公園。日本の都市公園100選に選ばれている。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

国指定史跡ガイドの解説

ときわこうえん【常磐公園】


茨城県水戸市常磐町・見川町にある、偕楽園として名高い公園。1842年(天保13)、士民と「偕(とも)に楽しむ園」として徳川斉昭(なりあき)が開園し、一般の民衆も一定の日に入園を許された。偕楽園、桜山、丸山をあわせて合計13万8493m2の広さがある。偕楽園には藩主の御座の間などのある3階建ての好文亭があり、当時詩歌の会や茶会などが催されていた。1873年(明治6)に常磐公園の名で開放され、1922年(大正11)に国の史跡および名勝に指定された。1945年(昭和20)に好文亭は戦災で焼失したが、1958年(昭和33)に復元。公園の名称も条例で偕楽園と称することになり、現在にいたっている。JR常磐線ほか水戸駅から茨城交通バス「偕楽園前」下車、徒歩すぐ。

出典|講談社
国指定史跡ガイドについて | 情報

世界大百科事典内の常磐公園の言及

【偕楽園】より

…また園内にある斉昭自筆の〈偕楽園記〉碑には,〈余暇に休養する場,また衆と偕(とも)に楽しむ場としてこの園を造る〉と述べられている。1922年常磐公園として国の史跡・名勝に指定された。面積約13万8000m2。…

※「常磐公園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常磐公園の関連情報