コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津兼太夫 ときわづかねたゆう

1件 の用語解説(常磐津兼太夫の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ときわづかねたゆう【常磐津兼太夫】

常磐津節の太夫。(1)初世 2世常磐津文字太夫の前名。(2)2世(1755‐1802∥宝暦5‐享和2) 初世の弟。初名大和太夫。1787(天明7)11月2世襲名。一門の実力者であったが,3世文字太夫を相続しようとして失敗,99年(寛政11)破門され,吾妻国太夫を名のって一派を立てたが,1802年(享和2)6月横死。恵橋と号し,また大橋の兼太夫と呼ばれた。(3)3世(1761‐1814∥宝暦11‐文化11) 2世の門弟。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の常磐津兼太夫の言及

【常磐津節】より

…文字太夫は順調に活躍を続けたが,1768年(明和5)に立三味線初世市蔵が死没,その後継者に初世岸沢式佐が選ばれたため,佐々木派と組んだ志妻,造酒(みき)両太夫が豊名賀と,若太夫が富士岡と改姓し一派を樹立した。ただし後者は1代で消滅,前者は3代限りで初世常磐津兼太夫のとき常磐津に再統一された。 2世文字太夫(初世兼太夫)は造酒太夫,2世兼太夫,三味線初世鳥羽屋里長(りちよう),2世岸沢式佐という陣容で活躍するが,1791年(寛政3)に初世鳥羽屋里長が,99年には2世里長が富本へ走った。…

※「常磐津兼太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

常磐津兼太夫の関連キーワード常磐津節常磐津林中常磐津常磐津文字太夫常磐津文字太夫(2代)常磐津文字太夫(8代)常磐津文字兵衛(2代)常磐津若太夫(4代)常磐津若太夫(5代)常磐津若太夫(6代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone