幌延(町)(読み)ほろのべ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幌延(町)
ほろのべ

北海道北部、宗谷(そうや)総合振興局管内の町。1960年(昭和35)町制施行。日本海に面する。JR宗谷本線が通じ、国道40号が西部を南北に走り、232号が分岐する。地名はアイヌ語のポロヌプ(大きい野原の意)に由来する。南縁を天塩(てしお)川が流れ、東部の山地は北海道大学演習林が広大な面積を占め、西部にはサロベツ原野が広がる。乳牛約8700頭(2015)を有する酪農が町の経済を支え、幌延市街には大規模な乳業工場が立地する。畜産振興策の一つとしてトナカイなどを飼育するほろのべトナカイ観光牧場があり、観光施設ともなっている。原野にはパンケトウなどの湖沼があり、利尻礼文(りしりれぶん)サロベツ国立公園の一部で、ラムサール条約登録湿地。国道40号に沿う名山台はサロベツ原野の好展望施設。面積574.10平方キロメートル、人口2447(2015)。[岡本次郎]
『『幌延町史』(1974・幌延町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幌延(町)の関連情報