コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天北炭田 てんぽくたんでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天北炭田
てんぽくたんでん

北海道北部,天塩山地の北部にある炭田。宗谷丘陵地域に分布し,南北約 50km,東西約 20km。夾炭層 (→炭層 ) は中央地帯に最もよく発達,炭質は発熱量 5000cal前後の褐炭。中小規模の炭鉱が多く,1958年以後の炭鉱合理化によりすべて閉山したが,深さ 300mまでの間の実収炭量 (→可採鉱量 ) が1億 6000万tある。なお,天北炭の灰分中にはホウ素が多量に含まれているので,将来的にその回収が考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんぽくたんでん【天北炭田】

北海道の北端に位し,宗谷,留萌2支庁にまたがり南北約50km,東西約20kmの広がりをもつ炭田。炭層は新第三紀宗谷層中に数枚あり,厚さは地域により変化する。炭質は水分,揮発分が多く,褐炭が主体で一部亜歴青炭もある。埋蔵量は約7500万tであるが,現在,稼行炭鉱はない。【大橋 脩作】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

天北炭田の関連キーワード幌延[町]