幡豆[町](読み)はず

  • 幡豆

百科事典マイペディアの解説

愛知県南部,三河湾に臨む幡豆郡の旧町。幡豆山塊が北西風をさえぎり温暖なためミカン栽培が盛ん。海岸湾入に富み,三河湾国定公園に属し,三ヶ根(さんがね)山など観光地が多く,名鉄蒲郡(がまごおり)線が通じる。2011年4月幡豆郡一色町,吉良町と西尾市へ編入。26.05km2。1万2365人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

愛知県南部,幡豆郡の町。人口1万3302(1995)。南は三河湾に面し,北部は三ヶ根山を中心とする山地が占め,数本の川沿いに沖積低地が分布する。農業はかつては米作養蚕を中心としたが,現在はミカン栽培やイチゴ,花卉などの施設園芸が盛んである。名鉄蒲郡線,国道247号線の通る南部には西幡豆を中心に伝統のある織布工場が立地し,ハンカチーフや布団カバーなどの綿布を生産している。近年,漁網製造や機械工業も盛んで,就業人口に占める製造業の割合は42%(1991)に達する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android