コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幣原外交 しではらがいこう

3件 の用語解説(幣原外交の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幣原外交
しではらがいこう

大正末期から昭和初期にかけて外相幣原喜重郎が推進した外交。幣原は第1次加藤高明内閣~第1次若槻内閣 (1924.6.~27.4.) ,および浜口内閣~第2次若槻内閣 (29.7.~31.12.) の外相で,ワシントン会議から満州事変までの間に国際協調経済外交優先,中国に対する内政不干渉を3本柱とする「協調外交」を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

幣原外交【しではらがいこう】

1924年―1931年の間,1927年―1929年の田中義一内閣を除き,加藤高明若槻礼次郎浜口雄幸各内閣の外務大臣幣原喜重郎が推進した外交路線。ワシントン体制のもと米・英と協調して中国革命の進展に対処,ロンドン会議海軍軍縮条約を成立させて協調外交といわれ,軍部・右翼からは軟弱外交と非難された。
→関連項目伊東巳代治田中義一浜口雄幸内閣松岡洋右若槻礼次郎内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幣原外交
しではらがいこう

両大戦間期に幣原喜重郎(きじゅうろう)外相によって推進された外交。いわゆる協調外交の典型。[江口圭一]

第一次

(1924.6~1927.4 大正13~昭和2) 幣原は第一次・第二次加藤高明(たかあき)内閣と第一次若槻(わかつき)礼次郎内閣の外相を歴任し、ワシントン体制に順応して、アメリカ、イギリスとの協調、中国に対する内政不干渉を唱え、中国市場への経済的進出を図った。しかし軍部による武力干渉政策を押さえられず、第二次奉直(ほうちょく)戦争や郭松齢(かくしょうれい)事件ではかならずしも内政不干渉を貫きえなかった。北伐に際して、南京(ナンキン)事件などについて「軟弱」との非難を浴び、退陣を余儀なくされた。[江口圭一]

第二次

(1929.7~1931.12 昭和4~6) 浜口雄幸(おさち)内閣・第二次若槻内閣の外相として、日中関税協定を結び、ロンドン海軍軍縮条約の成立をみたが、満蒙(まんもう)問題の緊迫化を防ぎえず、満州事変に際しては不拡大方針を軍部によって次々と破られ、十月事件などの威嚇を受けて崩壊した。[江口圭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の幣原外交の言及

【幣原喜重郎】より

…第1次世界大戦後のワシントン体制のもとで活躍し,当時の日本外交を代表する外交官。憲政会・立憲民政党系の内閣の外相を歴任し,その国際協調主義的な政策は〈幣原外交〉と呼ばれた。第2次大戦後2代目の首相。…

※「幣原外交」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幣原外交の関連キーワード天川唐行きどんどん節鉛銭モダンボーイ女優劇北原千鹿木村重友(初代)ノンキナトウサン平工喜一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幣原外交の関連情報