コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平出遺跡 ひらいでいせき

6件 の用語解説(平出遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平出遺跡
ひらいでいせき

長野県塩尻市宗賀通称平出にある原始および古代の集落址。 1950,51年に平出遺跡調査会が総合調査を行なった。縄文中期 (勝坂式~加曾利E式) 住居址 17,古墳~平安時代住居址 49,高床倉庫と考えられる柱穴址など,各時期における集落の好例がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平出遺跡【ひらいでいせき】

長野県塩尻市にある縄文時代から古代にかけての集落遺跡(史跡)。1949年―1952年発掘調査され,縄文(じょうもん)中期の住居跡と古墳時代後期〜平安初期の住居跡,掘立柱建物が発掘された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひらいでいせき【平出遺跡】

長野県塩尻市宗賀に所在する縄文時代中期と古墳時代から平安時代に続く大集落遺跡。1949‐52年,79‐81年の2回にわたる発掘調査で,東西700m,南北300mの範囲から,縄文時代中期の竪穴住居址19と,古墳時代,奈良・平安時代の竪穴59のほか,倉庫跡と推定される柱穴址3などの遺構が発見されている。それらの遺構中からは多量の遺物が発掘されているが,とくに古墳時代以降の古代の遺物には,鎌・鋤などの鉄製農具,稲・アワなどの栽培穀物の炭化物,さらに牛・馬など飼育動物の骨があり,古代農業の復元研究に貴重な資料を提供している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひらいでいせき【平出遺跡】

長野県塩尻市にある古代の集落跡。縄文時代から平安時代に至る住居跡が発見されている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

ひらいでいせき【平出遺跡】


長野県塩尻市宗賀にある集落跡。松本平と呼ばれる平地の南端にあり、東西約1km、南北約300mの範囲にわたって、縄文早期から平安時代にかけて長期にわたる集落跡が見られる複合遺跡である。かつては茅野(ちの)市の尖石(とがりいし)遺跡、静岡の登呂(とろ)遺跡とともに日本三大遺跡に数えられ、1950年(昭和25)からの発掘調査によって、47の縄文時代中期の集落跡、古墳時代~平安時代の128の竪穴(たてあな)式住居跡、平安時代の建物跡が4棟発見されている。地域内からは石鏃(せきぞく)や石匙(さじ)、土偶、土師器(はじき)、須恵器(すえき)、緑袖(りょくゆう)水瓶、鉄鏃、鉄鎌なども発見された。この遺跡は広大な地域にあって長期間にわたり存続した古代の集落を示すものとして、わが国の文化を考えるうえで価値がある。1952年(昭和27)に国の史跡に指定された。隣接する塩尻市立平出博物館には、土器や土偶などの出土品約2万点や、日本ではきわめて珍しい奈良時代の2mを超える瓦塔(がとう)が展示されている。一帯は木々に囲まれて復元された竪穴式住居などが建ち、平出遺跡公園になっている。JR中央本線ほか塩尻駅から車で約5分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平出遺跡
ひらいでいせき

長野県塩尻(しおじり)市平出(旧宗賀(そうが)村)を中心に営まれた原始・古代の集落遺跡。松本盆地の南端、奈良井川の扇状台地上にある。古墳時代から平安時代に及ぶ竪穴(たてあな)住居址(し)、高床倉庫址などを中心に、縄文中期の竪穴住居址や信仰に関係ある配石址を含む代表的集落址である。1949年(昭和24)村役場に調査会が置かれ、大場磐雄(いわお)を団長に4か年にわたって考古、古代史、地理、民俗各分野の総合的調査が行われた。
 出土遺物では、緑釉水瓶(りょくゆうすいびょう)が平安初期の優品として知られ、また東濃産の大量の灰釉(かいゆう)陶器は、古代における経済流通の実態をよく物語っている。自然遺物では米、大麦、ソラマメなどが注目された。古墳時代の竪穴住居や高床倉庫などが復原され、出土遺物は塩尻市立平出博物館に収蔵展示されている。
 第二次世界大戦後、登呂(とろ)遺跡(静岡)の調査と相前後して、多くの大学が各研究分野で参加して共同研究を行い、地方史研究のあり方を模索し、とくに考古学の面では遺跡の広がりをとらえ、その古代的復原を試み、遺跡博物館を設置して保存を図るなど、多くの画期的試みがなされた点、学史的にもつ意義は少なくない。遺跡は1952年国の史跡に指定。[小出義治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平出遺跡の関連キーワード長野県塩尻市片丘長野県塩尻市金井長野県塩尻市旧塩尻長野県塩尻市塩尻町長野県塩尻市洗馬長野県塩尻市宗賀長野県塩尻市大門長野県塩尻市奈良井長野県塩尻市贄川長野県塩尻市堀ノ内

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone