コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平準署 ヘイジュンショ

デジタル大辞泉の解説

へいじゅん‐しょ【平準署】

奈良時代、常平倉を管理するために設置された役所。天平宝字3年(759)設置。宝亀2年(771)廃止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

へいじゅんしょ【平準署】

奈良時代に諸国の常平倉(じようへいそう)を管理するために中央に置かれた物価を調節する役所。常平倉は豊年や秋期の米価の安い時期に購入して蓄え,米価が高騰すると市価より安く放出して米価を安定させ,得られた利潤で京より帰る運脚夫の飢えを救うために設けられた。平準署は常平倉とともに759年(天平宝字3),当時政権を握っていた藤原仲麻呂の建議により設置された。仲麻呂は庶民の苦しみを軽減するための施策を唐の制度に学びながらも積極的に実施した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平準署
へいじゅんしょ

759年(天平宝字3)5月に設置された常平倉(じょうへいそう)を管掌する役所。常平倉は、国の大小により割り当て拠出させた公廨(くがい)稲をもとに、米価の安いときに買い、高いときに売った利によって、諸国へ帰還する運脚(うんきゃく)の飢えや病苦を救い、あわせて京内の穀価の安定を図る目的をもって、中国の制に倣い設置された。常平倉のうち、東海・東山・北陸の三道のものは左平準署が、山陰・山陽・南海・西海の四道のものは右平準署が分掌した。その長官とみられる平準令の任官記事が『続日本紀(しょくにほんぎ)』に散見する(天平宝字6年正月戊子条。同7年7月乙卯条)が、存続期間は短く、771年(宝亀2)9月には廃止されている。[加藤友康]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の平準署の言及

【飢饉】より

… 中央政府の主導によるこのような備荒対策が機能していたのは10世紀初頭ころまでで,以後衰退していく。都では,759年設置の左右平準署や,その後たびたび設置された常平司(所)などによって,飢饉の際に穀物,塩などの廉売や賑給が行われた。そのための穀物は,近国から集めたり,穀倉院(9世紀初頭設置)などに蓄えられたりしていた。…

【常平倉】より

…仲麻呂は唐の制度を多く採用したが,庶民の苦しみを軽減するための施策にも意欲的であった。平準署(へいじゆんしよ),常平倉の設置もその例である。設置時期からすると橘奈良麻呂の変による民心の不安を鎮める意図もあったと思われる。…

※「平準署」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平準署の関連キーワード奈良時代高元度

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android