コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋口五葉 ハシグチゴヨウ

7件 の用語解説(橋口五葉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はしぐち‐ごよう〔‐ゴエフ〕【橋口五葉】

[1880~1921]版画家。鹿児島の生まれ。本名、清。橋本雅邦に師事。独自の近代浮世絵版画を完成。夏目漱石泉鏡花永井荷風らの本も装丁した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

橋口五葉【はしぐちごよう】

版画家。鹿児島生れ。本名清。日本画を橋本雅邦に師事し,白馬会で洋画を学んだ。1905年東京美術学校卒後,結城素明平福百穂らの无声(むせい)会会員。のち版画をおもに制作,錦絵(にしきえ)の技法を用いて新しい表現を試みた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋口五葉 はしぐち-ごよう

1880-1921 明治-大正時代の洋画家,版画家。
明治13年12月21日生まれ。44年三越の美人画ポスター募集に応募,入賞。大正4年以降は浮世絵風美人画・風景画などの独特の木版画を制作。夏目漱石の「吾輩は猫である」などの装丁でも知られた。大正10年2月24日死去。42歳。鹿児島県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は清。作品に「浴場の女」「化粧の女」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

橋口五葉

没年:大正10.2.4(1921)
生年:明治13.2.21(1880)
明治大正期の洋画家,版画家。鹿児島生まれ。本名清。明治32(1899)年上京し橋本雅邦に入門したが,黒田清輝のすすめで洋画に転じ,38年東京美術学校(東京芸大)西洋画科を卒業。同年夏目漱石の『吾輩は猫である』の装丁を行う。40年東京府勧業博覧会に出品し2等賞を受賞,第1回文展に「羽衣」で入選した。その後油彩から遠ざかり浮世絵研究を始め,渡辺庄三郎を版元とする伝統的浮世絵版画制作法による新版画の創作に向かい,大正4(1915)年「浴場の女」を制作,その後,「化粧の女」など五葉美人と呼ばれる独自の版画を生んだ。

(三輪英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はしぐちごよう【橋口五葉】

1880‐1921(明治13‐大正10)
装丁家,版画家。本名清。鹿児島市生まれる。東京美術学校西洋画科卒業。在学中から五葉と号した。夏目漱石の《吾輩は猫である》ほかの文学書や雑誌《文学界》などのアール・ヌーボー風の装丁で有名になる。1914年ころから浮世絵に関心をもち,浮世絵を継承する新版画を提唱する版画商渡辺庄三郎にすすめられて,15年最初の木版画《浴場の女》(通称ゆあみ)を制作した。以後,当世女性風俗を版画にして,“大正の歌麿”とよばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はしぐちごよう【橋口五葉】

1880~1921) 洋画家・版画家。鹿児島市生まれ。東京美校卒。本名、清。独特な感覚の美人画・風景画の版画を製作。書籍の装丁も手がけた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋口五葉
はしぐちごよう
(1880―1921)

明治・大正の木版画家。鹿児島に生まれる。本名清。初め霧岳、清水、翠峯と号し、1903年(明治36)から五葉と改める。1899年上京、橋本雅邦(がほう)に入門。さらに東京美術学校西洋画科に入学して1905年に卒業。同年夏目漱石(そうせき)の『吾輩(わがはい)は猫である』を装丁、好評のため以後漱石ほかの小説本の装丁にかかわる。15年(大正4)、浮世絵商で浮世絵伝統の木版技術の保存に努めていた渡辺庄三郎の勧めにより、最初の木版画『浴女』を発表、木版画家としての活躍に入る。版画家が下絵から彫刻、摺刷(しょうさつ)の全工程を手がけるべきとする創作版画運動の流行に抗し、彫師(ほりし)や摺師(すりし)の熟練した技術を借り、春信(はるのぶ)や歌麿(うたまろ)など浮世絵美人画の遺産を近代的な感覚で再興させた。代表作に『化粧の女』(1918)、『髪梳ける女』『長襦袢(じゅばん)の女』(ともに1920)があり、ほかに風景画や花鳥画の版画も残した。満40歳で東京に没。[小林 忠]
『『橋口五葉』定本・豪華普及版(1977・ノーベル書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橋口五葉の関連キーワード福井良之助清宮彬油谷達有馬三斗枝小山三造今純三油井夫山吉田博(1)渡辺幽香渡辺与平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橋口五葉の関連情報