コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座敷童子 ざしきわらし

百科事典マイペディアの解説

座敷童子【ざしきわらし】

岩手県を中心とする東北地方でいう家の精霊。旧家奥座敷に住む赤ら顔,垂れ髪の幼い子どもの姿をした妖怪。これがいれば家は繁盛し,去れば家運が傾くとされ,毎日膳部を供える例もある。
→関連項目コーボルト妖怪

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

座敷童子 ざしきわらし

伝承上の妖怪。
顔があかく,髪をたらしている童子で,旧家の奥座敷にあらわれる。家人がねている間に枕(まくら)の位置をかえるなどのいたずらをするが,座敷童子のいる家はさかえ,いなくなると衰退するといわれる。岩手県を中心とする東北地方につたわる。別名に座敷ぼっこ,蔵ぼっこ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ざしきわらし【座敷童子】

岩手県を中心とする東北地方北部で信じられている神霊妖怪の一種。この呼称は,旧家の座敷に出没し童子の姿をしている,と考えられていることに由来するもので,ザシキボッコヘヤボッコというところもある。納屋や土蔵に出没するクラワラシ,クラボッコも同系統の神霊である。この神霊の特徴として,オカッパ頭の幼い子どもである,顔や髪が赤い,旧家の主として奥座敷に住む,ザシキワラシが住むと思われている部屋に泊まった者に枕返しなどのいたずらをする,等々を挙げることができるが,もっとも本質的な特徴は,この神霊が家の盛衰を支配する,ということにある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

座敷童子の関連キーワード見えざるモノの生き残り家の神

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

座敷童子の関連情報