コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座敷童子 ざしきわらし

3件 の用語解説(座敷童子の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

座敷童子【ざしきわらし】

岩手県を中心とする東北地方でいう家の精霊。旧家の奥座敷に住む赤ら顔垂れ髪の幼い子どもの姿をした妖怪。これがいれば家は繁盛し,去れば家運が傾くとされ,毎日膳部を供える例もある。
→関連項目コーボルト妖怪

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

座敷童子 ざしきわらし

伝承上の妖怪。
顔があかく,髪をたらしている童子で,旧家の奥座敷にあらわれる。家人がねている間に枕(まくら)の位置をかえるなどのいたずらをするが,座敷童子のいる家はさかえ,いなくなると衰退するといわれる。岩手県を中心とする東北地方につたわる。別名に座敷ぼっこ,蔵ぼっこ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ざしきわらし【座敷童子】

岩手県を中心とする東北地方北部で信じられている神霊,妖怪の一種。この呼称は,旧家の座敷に出没し童子の姿をしている,と考えられていることに由来するもので,ザシキボッコヘヤボッコというところもある。納屋や土蔵に出没するクラワラシクラボッコも同系統の神霊である。この神霊の特徴として,オカッパ頭の幼い子どもである,顔や髪が赤い,旧家の主として奥座敷に住む,ザシキワラシが住むと思われている部屋に泊まった者に枕返しなどのいたずらをする,等々を挙げることができるが,もっとも本質的な特徴は,この神霊が家の盛衰を支配する,ということにある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

座敷童子の関連キーワード円筒土器興安嶺チロル東北地方仏降ろし田舎間岩手奥羽図合船平野組

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

座敷童子の関連情報