コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枕返し マクラガエシ

4件 の用語解説(枕返しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まくら‐がえし〔‐がへし〕【枕返し】

枕の向きを変えること。特に、人が死んだとき、北枕に変えること。
木枕を多く重ねて手でささげ、自由にもてあそぶ曲芸。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

枕返し

日本の妖怪。寝ている人の枕を移動させたり、頭と足の向きを変えたりするもので、各地に伝承がある。「反枕」とも。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まくらがえし【枕返し】

曲芸の一種。多数の木箱の枕を使って演じる芸で,枕を重ね,その角を利用して両手で自由に操作する。〈渡し〉〈肩くだり〉〈まわし〉などの技法がある。中国の弄枕(ろうちん)という芸系を引くと思われる。日本では若衆の芸で,慶安年間(1648‐52)に京都で竹田四郎兵衛放下(ほうか)と一座して演じたが,延宝(1673‐81)ころには江戸で放下の長嶋玉之介が枕返しの名手として評判になった。江戸時代初期以降はおもに放下などが演目とし,のちには大道芸ともなり,角兵衛獅子の子どもたちも演じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まくらがえし【枕返し】

枕の向きをかえること。特に、死者の枕を北枕にすること。 「 -なにやと例の様なる有様どもにしてければ/大鏡 伊尹
曲芸の一種。多数の木枕を重ねて、両手でもてあそぶもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の枕返しの言及

【松井源水】より

…松井家の元祖玄長は,越中礪(砺)波(となみ)の出身で,霊薬反魂丹(はんごんたん)を創製し,2代目道三のときに富山袋町に移住して,武田信玄から売薬御免の朱印を受けた。延宝・天和(1673‐84)のころに,4代目玄水が江戸へ出て反魂丹を売りはじめたが,その宣伝,販売のために,箱枕をいろいろと扱う曲芸〈枕返し〉や居合抜きなどを演じた。享保(1716‐36)ごろには,居合抜きのほか曲独楽(きよくごま)(独楽)を演ずるようになり,将軍家重の浅草寺参詣のおりには上覧に供して御成(おなり)御用の符を拝領した。…

※「枕返し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

枕返しの関連キーワード玉乗り演じる大見得木枕品玉綱渡り比目の枕芸尽し声技八人芸

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

枕返しの関連情報