庭儀(読み)テイギ

世界大百科事典 第2版の解説

ていぎ【庭儀】

仏教行事で寺院の前庭など,堂外に会場(えじよう)を拡大して儀礼を行う場合,庭儀,または〈にわのぎ〉という。宗祖の遠忌会(おんきえ),落慶法要などの大規模で丁重な法要に用いられ,多くの法要形式の中では最も重いものとされるが,法要の内容,流派などにより,設備や作法に多少の違いがある。寺院の堂外の儀礼と,堂内の儀礼が密接にかかわりながらとり行われるが,たとえば法要と舞楽が並行して行われる庭儀舞楽法要の場合は,仏教儀式と舞楽が,堂内と堂外の舞台を用いて有機的に構成される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ていぎ【庭儀】

寺院の大法会だいほうえで、衆僧が本堂の周りの庭を行列して進む行事。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の庭儀の言及

【寺事】より

…なかでも舞楽法要は,堂舎の前庭にとくに舞台をしつらえ,華やかに舞が舞われるから,法要もそれぞれの宗派の代表的な法要を大がかりに勤修することが多く,道場に出仕する前に堂外で行う儀式を加えたり,舞楽台を含む屋外で法要を勤修したりする。このような場合をとくに庭儀(ていぎ)舞楽法要(庭儀)と称し,あまたの法要形式の中で最も大がかりなものの一つである。 また日蓮宗の本門寺御会式(おえしき)は,団扇(うちわ)太鼓を叩き題目を唱えて熱狂する在家の大群集が僧侶の法要を圧倒して行事を形成しており,真言宗や浄土宗の一部寺院(即成院,当麻寺,浄真寺)で行われる二十五菩薩来迎会では,在家の有志が二十五菩薩に扮して来迎のさまを再現し,行事の主眼はここにおかれる。…

【庭儀】より

…仏教行事で寺院の前庭など,堂外に会場(えじよう)を拡大して儀礼を行う場合,庭儀,または〈にわのぎ〉という。宗祖の遠忌会(おんきえ),落慶法要などの大規模で丁重な法要に用いられ,多くの法要形式の中では最も重いものとされるが,法要の内容,流派などにより,設備や作法に多少の違いがある。…

※「庭儀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庭儀の関連情報