建安文学(読み)けんあんぶんがく(英語表記)Jiàn ān wén xué

  • 建安文学 Jiàn ān wén xué

世界大百科事典 第2版の解説

建安とは中国の後漢最後の皇帝献帝の年号で,196年から220年までの期間であるが,文学史的には,建安から明帝曹叡の太和7年(233)ころまでの文学を〈建安文学〉と呼び,文学史上の黄金期の一つに数える。この時期は,建安文学の代表者曹植(192‐232)の生涯にほぼ合致する。後漢帝国は世襲豪族の政治・経済権掌握によって維持されていたが,外戚宦官権力闘争によって崩壊におもむき,黄巾反乱軍閥角逐によって,その命脈を絶たれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の建安文学の言及

【詩】より

…彼らの詩は剛健で激情に富むものであったが,初めて個人の署名入りの作品集が生まれるのがまさしくこのころであった。世に〈建安文学〉とよばれるこの時期こそ,詩史上の画期とみなすべきである。〈建安〉の詩人たちに続いて現れたのは,〈竹林の七賢〉の領袖であった阮籍(げんせき)と嵆康(けいこう)である。…

※「建安文学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android