張網(読み)はりあみ

日本大百科全書(ニッポニカ)「張網」の解説

張網
はりあみ

網漁具の一種。細長い袋網(ふくろあみ)部(魚捕部)、または袖網(そであみ)部を加えた2部から構成されている。小型の定置網で、河川・湖沼または浅海の水底に漁具を沈めて水平に敷設し、袋部を水流の速い魚道を選んで支柱または錨(いかり)で固定し、流れとともに袋網部に入った魚をとるようにしたものが多い。樫木(かしき)網、長袋(ながぶくろ)網などがそのおもなもので、漁獲物は、海ではエビ、アミ、小魚類、河川・湖沼ではサケ・マス類、ワカサギ、コイ、フナ、ウナギなどである。

[笹川康雄・三浦汀介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「張網」の解説

はり‐あみ【張網】

〘名〙
漁網の一つ。一定の海面に支やいかりなどで固定させ、その間にり渡して、回游する魚群などを捕えるようにした網。また、その漁法。定置網。〔漁業法施行規則(明治三五年)(1902)〕
② 猟具の一つ。左右に支柱を立て、その間に網を張り渡して、獣などを捕えるようにしたもの。また、その猟法。霞網・鴨網・雉(きじ)網・兎網などがある。
※俳諧・桃青門弟独吟廿歌仙(1680)館子独吟「生牲(にへ)に鷽(うそ)姫とられ給ひけり はり網なひく天のむら雲」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「張網」の解説

はり‐あみ【張(り)網】

柱の間に網を張り、鳥やウサギを捕るもの。
川などに支柱やいかり袋網を固定して張り、魚を捕る網。また、定置網のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の張網の言及

【漁具】より

…カレイ・ヒラメ類などの底魚や貝類,また底層・中層を群泳するアジ,タイ,イカ類,エビ類などがおもな漁獲対象である。 敷網類(敷網漁業)はあらかじめふろしきのような網を水中に沈めておき,餌・集魚灯などで網の上に魚群を誘導し,これをすくいとるもので,小さな四つ手網から各種棒受網,四艘(しそう)張網,八手(はちだ)網など大きいものまである。大きな敷網類はいずれもイワシ,アジ,サバなど群れをなして行動する魚種を対象とするが,現在,この漁具を使う漁業で最も重要なのはサンマ棒受網(棒受網漁業)である。…

【定置網漁業】より

…これらが発展して規模を増し,複雑な構造になってえり(魞)になり,定置網となったものである。定置網はその構成から台網類,落し網類,枡(ます)網類,張網類,出し網類,網えり類に分けられる。 台網類は身網と垣網あるいはさらに囲い網をもつ定置網で,古い型であって現在はまったく残っていない。…

※「張網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android