強か/健か(読み)シタタカ

デジタル大辞泉の解説

したた‐か【強か/健か】

[形動][文][ナリ]
粘り強くて、他からの圧力になかなか屈しないさま。しぶといさま。「世の中を―に生きる」「―な相手」
強く、しっかりしているさま。「―な後見役」「―な造りの家」
強く勇猛であるさま。
「力が強く勇気があって―な豪傑である」〈魯庵社会百面相
程度がはなはだしいさま。
「いと―なるみづからの祝言どもかな」〈・初音〉
分量がたいへん多いさま。
「国の事など―に申し居たるさま見るに」〈夜の寝覚・一〉
[派生]したたかさ[名]
[副]
分量がたいへん多いさま。たくさん。「―食料を買い込む」
程度がはなはだしいさま。ひどく。「―腰を打つ」「―酔う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

したたか【強か】

( 形動 ) [文] ナリ 
強くて手ごわいさま。一筋縄ではいかないさま。 「 -なやつ」
強そうなさま。いかめしいようす。 「力が強く勇気があつて-な豪傑である/社会百面相 魯庵
しっかりしているさま。確かなさま。 「君達の御為はかばかしく-なる御後見、何にかはせさせ給はむ/源氏 帚木
大げさなさま。はなはだしいさま。 「いと-なるみづからの祝ひ事どもかな/源氏 初音
( 副 )
程度のはなはだしいさま。ひどく。 「頭を-打った」 「 -に酔う」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android