コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強か/健か シタタカ

2件 の用語解説(強か/健かの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

したた‐か【強か/健か】

[形動][文][ナリ]
粘り強くて、他からの圧力になかなか屈しないさま。しぶといさま。「世の中を―に生きる」「―な相手」
強く、しっかりしているさま。「―な後見役」「―な造りの家」
強く勇猛であるさま。
程度がはなはだしいさま。
分量がたいへん多いさま。
[派生]したたかさ[名]
[副]
分量がたいへん多いさま。たくさん。「―食料を買い込む」
程度がはなはだしいさま。ひどく。「―腰を打つ」「―酔う」
「力が強く勇気があって―な豪傑である」〈魯庵社会百面相
「いと―なるみづからの祝言どもかな」〈・初音〉
「国の事など―に申し居たるさま見るに」〈夜の寝覚・一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

したたか【強か】

( 形動 ) [文] ナリ 
強くて手ごわいさま。一筋縄ではいかないさま。 「 -なやつ」
強そうなさま。いかめしいようす。 「力が強く勇気があつて-な豪傑である/社会百面相 魯庵
しっかりしているさま。確かなさま。 「君達の御為はかばかしく-なる御後見,何にかはせさせ給はむ/源氏 帚木
大げさなさま。はなはだしいさま。 「いと-なるみづからの祝ひ事どもかな/源氏 初音
( 副 )
程度のはなはだしいさま。ひどく。 「頭を-打った」 「 -に酔う」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強か/健かの関連キーワード豪快腰強じり押し粘い粘り粘り腰粘り強い粘り抜く食下る堅靭

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone