コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当事者訴訟 とうじしゃそしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

当事者訴訟
とうじしゃそしょう

行政事件訴訟法が定める行政訴訟の一類型。 (1) 当事者間の法律関係を確認しまたは形成する処分または裁決に関する訴訟で法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とする訴訟と,(2) 公法上の法律関係に関する訴訟とがある (行政事件訴訟法4) 。前者の例としては,土地収用法 133条の収用委員会の裁決のうち損失補償に関する訴訟などが,後者の例としては,公務員の身分の確認訴訟や公務員の給与の支払請求訴訟などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

当事者訴訟【とうじしゃそしょう】

(1)行政訴訟では,行政庁の公権力の行使に関する不服の訴訟としての抗告訴訟に対し,対等な主体・機関の間の公法上の法律関係に関する訴訟をいう。(2)民事訴訟では,弁護士だけが訴訟手続に関与できるものとする弁護士訴訟に対し,本人自身が訴訟をなし得る本人訴訟をいう。
→関連項目行政事件訴訟法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうじしゃそしょう【当事者訴訟】

この語は多義的であるが,広義では,対立する当事者を対等の立場で訴訟手続に関与させ,その請求・申立てについて裁判所が審判を下す訴訟をさす。しかし,行政訴訟の分野では,当事者訴訟は抗告訴訟に対立する観念として用いられ,一定の訴訟類型をさしている。すなわち,抗告訴訟とは,〈公権力の行使に関する不服の訴訟〉(行政事件訴訟法3条1項)とされるのに対し,当事者訴訟は,〈当事者間の法律関係を確認しまたは形成する処分または裁決に関する訴訟で法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするものおよび公法上の法律関係に関する訴訟〉(4条)とされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうじしゃそしょう【当事者訴訟】

行政事件訴訟の一。当事者間の法律関係を確認しまたは形成する処分や裁決に関する訴訟。法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするものと、公法上の法律関係に関する確認の訴え、その他の法律関係に関するものに区別される。 → 行政事件訴訟法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

当事者訴訟
とうじしゃそしょう

行政事件訴訟の一種で、対等当事者間の公法上の紛争に関する訴訟をいい(行政事件訴訟法4条)、公権力の行使に関する不服の訴訟である抗告訴訟と私法上の法律関係に関する民事訴訟との中間的訴訟である。当事者訴訟には二つの種類がある。その一つは「当事者間の法律関係を確認し又は形成する処分又は裁決に関する訴訟で法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするもの」で、土地収用に基づく損失補償額についての不服を、収用裁決をした土地収用委員会を被告とすることなく、起業者と土地所有者などの間で争わしめるのが一例である。
 他の一例は「公法上の法律関係に関する訴訟」で、公務員の給与や公法上の損失補償請求訴訟、公務員・議員・国公立学生の地位確認訴訟などがこれに属するとされているが、公法と私法の区別が不明確であるため争いがある。また、それは職権証拠調べ(行政事件訴訟法24条)などを除き民事訴訟と同じであるので、民事訴訟と区別する実益はほとんどない。
 なお、広義では、対立当事者を訴訟手続に関与させ、その利益追行に基づいて裁判をすることをさす。また民事訴訟では、当事者が弁護士を訴訟代理人として依頼する弁護士訴訟に対し、自ら訴訟行為をする本人訴訟を当事者訴訟という。[阿部泰隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

当事者訴訟の関連キーワードクラス・アクションクラス・アクション争点証拠整理手続行政救済法主観的訴訟当事者主義機関訴訟三面訴訟補佐人

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

当事者訴訟の関連情報