待遠しい(読み)マチドオシイ

  • まちどおし・い まちどほ‥
  • まちどおし・い〔まちどほ〕
  • 遠しい

デジタル大辞泉の解説

[形][文]まちどほ・し[シク]《「まちどお」の形容詞化》待っていてもなかなか来ず、早く来るようにと願っているさま。「お正月の来るのが―・い」「入学式が―・い」
[派生]まちどおしがる[動ラ五]まちどおしげ[形動]まちどおしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形口〙 まちどほし 〘形シク〙 (「まちどお(待遠)」に接尾語「しい」を付けてシク活用の形容詞とした語か) 待っていてもなかなかその時やその事態がこないで、やりきれない。その時やその事態が早く来ることを望んでいるさまにいう。まちどおい。
※咄本・近目貫(1773)ゑんまの恋「露孝、あまりまちどふしく、戸帳よりそっとのぞき見れば」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉七「早く汽車がくればいいがなと〈略〉待ち遠しく思って居ると」
まちどおし‐が・る
〘他ラ五(四)〙
まちどおし‐げ
〘形動〙
まちどおし‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android