待遠(読み)マチドオ

  • まちどお ‥どほ
  • まちどお〔どほ〕
  • まちどお・い ‥どほい

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形動〙 待ちどおしいさま。
※貫之集(945頃)三「立ちぬとは春を聞けども山里はまちどほにこそ花は咲きけれ」
※滑稽本・八笑人(1820‐49)三「ヲイ卒八さん、おっかさんが待(マチ)どうだ」
〘形口〙 まちどほ・し 〘形ク〙 =まちどおしい(待遠)〔文明本節用集(室町中)〕
※洒落本・契情買猫之巻(1799)中の定詞「やりてへ事はねへが思ひ思はれる中じゃアてへてへまちどをひ物じゃアねへ」
まちどお‐が・る
〘他ラ四〙
まちどお‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android