コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴首 カクシュ

デジタル大辞泉の解説

かく‐しゅ【鶴首】

[名](スル)《鶴のように首を長くのばす意から》物事や時日のやってくるのを今か今かと待ちわびること。「鶴首して吉報を待つ」

つる‐くび【鶴首/鶴×頸】

徳利・花瓶などで、口のあたりが鶴の首のように細長いもの。
首が長いこと。また、その首や、そういう人。
ユウガオの一品種。実は先が丸く基部が柄状をなし、半分に割って柄杓(えじゃく)にする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくしゅ【鶴首】

( 名 ) スル
〔鶴のように首を長くする意から〕
今か今かと待つこと。 「 -して待つ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鶴首の関連キーワード大西浄元(1)首を長くする天狗谷遺跡天気俚諺大西浄雪茜屋宗佐花瓶徳利左官洗瓶時日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android