待機(読み)たいき

精選版 日本国語大辞典「待機」の解説

たい‐き【待機】

〘名〙 準備を整えて機会の来るのを待つこと。いざという時はいつでも行動できる用意をして、その機会・時期を待つこと。
※金貨(1909)〈森鴎外〉「明治三十七八年役には、よく待機陣地を守るといふ語が訓令なんぞに用ゐられた」
※海と毒薬(1957)〈遠藤周作〉一「手術室の外で患者が運ばれてくるのを待機していた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「待機」の解説

たい‐き【待機】

[名](スル)準備をととのえて機会の来るのを待つこと。「救護班が待機する」「自宅待機
[類語]控え控える待つ待ち構える待ち受ける待ち設ける待ち伏せる待ち侘びる待ちあぐむ待ちあぐねる待ちくたびれる待ち明かす待ち伏せ待ちぼうけ心待ち鶴首満を持す手薬煉てぐすね引く首を長くする爪を研ぐ身構える身構えスタンバイ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android