待機(読み)たいき

精選版 日本国語大辞典「待機」の解説

たい‐き【待機】

〘名〙 準備を整えて機会の来るのを待つこと。いざという時はいつでも行動できる用意をして、その機会・時期を待つこと。
※金貨(1909)〈森鴎外〉「明治三十七八年役には、よく待機陣地を守るといふ語が訓令なんぞに用ゐられた」
※海と毒薬(1957)〈遠藤周作〉一「手術室の外で患者が運ばれてくるのを待機していた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「待機」の解説

たい‐き【待機】

[名](スル)準備をととのえて機会の来るのを待つこと。「救護班が待機する」「自宅待機

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android