コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後二条師通記 ごにじょうもろみちき

4件 の用語解説(後二条師通記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後二条師通記
ごにじょうもろみちき

藤原師通 (通称後二条関白) の日記。『後二条関白記』『師通公記』『後二条殿記』などとも呼ばれる。師通が内大臣に任じられた永保3 (1083) 年から康和1 (99) 年関白在任中に没するまでに及んでいるため,当時の政治史の絶好の史料。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

後二条師通記【ごにじょうもろみちき】

関白となった藤原師通の日記。《後二条殿記(どのき)》《後二条関白記》《師通公記》ともいう。記述は内大臣に任じられた1083年から,関白に任じられた1094年を経て,死去した1099年に及ぶが,一部が欠落している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごにじょうもろみちき【後二条師通記】

藤原師通の日記。《後二条殿記》《後二条関白記》《師通公記》などとも称され,内大臣に任じられた1083年(永保3)より,没した99年(康和1)に及ぶ(うち5年分欠)。記事の内容は公私にわたるが,とりわけ朝廷の政務儀式に関する記述は精細で,《中右記》とともに当代の公家社会の姿を知る基本史料。陽明文庫に自筆本1巻,平安時代末期の古写本29巻を存する。《大日本古記録》所収。【吉岡 真之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後二条師通記
ごにじょうもろみちき

関白内大臣藤原師通の日記。『後二条関白記』『後二条殿記』『師通公記』とも称する。1083年(永保3)任内大臣の22歳より、1099年(康和1)関白当職38歳にて薨(こう)ずるまでの17年にわたる。このうち「寛治(かんじ)七年(1093)二月篤子内親王立后記」1巻が自筆本、寛治元年(1087)、嘉保(かほう)2年(1095)、承徳(じょうとく)元、2年(1097、98)4か年分を除く29巻(ただし、嘉保元年分は摂関大臣補任(ぶにん)先例のみで日記記述はなく、また四季不完の年のある反面年季が重複する巻もある)が古写本で近衛(このえ)家に伝わり、現在陽明文庫に所蔵。この古写本はその奥書などによると、1151年(仁平1)記主の孫頼長(よりなが)のもとにてその家司(けいし)らにより書写校合されたものと考えられる。
 ほかに、この古写本に含まれない応徳(おうとく)3年(1086)秋冬、寛治2年(1088)秋冬、同5年春、同6年春、同7年春、夏の6巻に該当する新写本が宮内庁書陵部その他に蔵せられる。平安末期の院政初期における朝野情勢を知る貴重史料。『大日本古記録』に所収。[名和 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の後二条師通記の言及

【砂糖】より

…そして787年(延暦6)6月,宝物の曝涼(ばくりよう)が行われたとき,どういうわけか,その〈蔗糖〉の量が増えていたという記録がある。《後二条師通記》寛治5年(1091)10月25日条を見ると,藤原師通はその日橘俊綱から砂糖を贈られ,それを持参した使者が〈これは唐菓物(からくだもの)だということです〉といったことを記している。平安後期,砂糖は宋との私貿易によってわずかながら舶載されており,薬品ではなく菓子として認識されるようになりつつあったことがうかがわれる。…

【藤原師通】より

…4年後父に先立って没したが,山王のたたりといわれた。学芸に優れ,日記《後二条師通記》は貴重な史料。【黒板 伸夫】。…

※「後二条師通記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

後二条師通記の関連キーワード後二条天皇藤原師通乾元小二条殿二条通り京都府京都市中京区二条殿町西華門院《後二条関白記》《後二条殿記》大二条殿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone