コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後京極流 ゴキョウゴクリュウ

デジタル大辞泉の解説

ごきょうごく‐りゅう〔ゴキヤウゴクリウ〕【後京極流】

鎌倉初期、後京極摂政藤原良経に始まる書道の一派法性寺流の流れをくみ、重厚な和様を示した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

後京極流【ごきょうごくりゅう】

藤原良経(ふじわらのよしつね)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごきょうごくりゅう【後京極流】

日本書道の流派の一つ。後京極殿とは鎌倉時代の摂政太政大臣で詩歌その他諸芸に通じ書道に名を得た藤原(九条)良経(1169‐1206)の呼称であり,彼を祖とする。しばしば絵巻の詞書を書くのに用いられた角の顕著なかたい書風。例えば《紫式部日記絵巻》の詞書のようなものをこう呼んだ。しかし,良経の真蹟と考えられる自筆消息や仁和寺蔵の《般若理趣経》の書風とは必ずしも一致しない。古来,藤原忠通法性寺(ほつしようじ)流から派生し,後京極流から定家流と二条家流が出るとされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごきょうごくりゅう【後京極流】

和様書道の一流派。後京極摂政と呼ばれた藤原良経(1169~1206)を始祖とする。法性寺流の流れをくむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後京極流
ごきょうごくりゅう

書道の流派の一つ。後京極殿(のちのきょうごくどの)とよばれた藤原良経(よしつね)(1169―1206)を祖とする。良経は、関白・九条兼実(かねざね)の子で、自らも関白・太政(だいじょう)大臣に上り、歌人としても重きをなした。その書は、祖父藤原忠通(ただみち)が法性寺(ほっしょうじ)流を生んだ能書であり、父兼実も法性寺流の名手であったのを受け継ぎ、流祖となるほどの技量を示した。遺墨は少なく、書状(東京国立博物館ほか)や『般若(はんにゃ)理趣経』(仁和寺(にんなじ))を残すだけであるが、狭長な字形で粘り強いその書風は、貴族階級ばかりではなく僧侶(そうりょ)や武家からも愛好された。鎌倉初期から中期にかけて一世を風靡(ふうび)し、藤原定家(ていか)の子為家(ためいえ)や、幕府の執権(しっけん)北条時宗(ときむね)などが、この流に連なる。また後京極流の古筆切(こひつぎれ)も多い。[久保木彰一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の後京極流の言及

【藤原良経】より

…家集に《秋篠月清(あきしのげつせい)集》があり,《千載集》以下の勅撰集に313首入集。また,書にもすぐれた才能を発揮し,〈後京極流〉の始祖となる。〈般若理趣経〉(仁和寺)や,数通の書状類のほか,〈佐竹本三十六歌仙切〉〈紫式部日記絵巻詞書〉〈豆色紙〉〈和漢朗詠集切〉などの筆跡を残した。…

※「後京極流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

後京極流の関連キーワード後京極良経九条良経九条教家和様書道法性寺始祖

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android