コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定家流 テイカリュウ

世界大百科事典 第2版の解説

ていかりゅう【定家流】

藤原定家の書風をいう。定家の書は,父俊成のするどい書風とは異なり,巧妙とはいえない。これを悪筆とけなした人(恵命院宣守《海人藻芥(あまのもくず)》)もあったほどであるが,中世の歌学上の権威と仰がれたため,その奇異な書風もおおいに尊ばれ,江戸時代にはこれを祖とする定家流という流派さえ生じた。もっとも,定家流といわれた書風と定家自身の書との間には相当の開きがあり,定家の書風を悪く誇張したものが定家流であるともいえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ていかりゅう【定家流】

和様書道の一。藤原定家を祖とする。独特の書体が室町期の茶人に愛好された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定家流
ていかりゅう

鎌倉初期の歌人・歌学者として名高い藤原定家の書流。定家の書は、字形にあまりこだわらず、筆圧の強弱を極端に表した線質に特徴があり、癖のある書風ではあるが、独自の風格を備え、定家の末裔(まつえい)にあたる二条、冷泉(れいぜい)、京極など歌道の家々によって、歌学の継承とともにその書風にもまた著しい影響を及ぼし、近世に入り、定家流あるいは定家様の名で喧伝(けんでん)された。茶道において定家の歌論が尊崇されたため、歌人や茶人の間で多くの追随者を輩出。関白近衛信尹(このえのぶただ)をはじめ、烏丸光広(からすまみつひろ)、冷泉為村(ためむら)らの歌人、里村(さとむら)玄陳らの連歌師、小堀遠州、松平不昧(ふまい)らの茶人は、いずれも定家流の名手である。[古谷 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

定家流の関連キーワード有栖川宮好仁親王高松宮好仁親王後京極流烏丸光広和様書道松平不昧烏丸光賢茶人書体書道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android