コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後戸 うしろど

世界大百科事典 第2版の解説

うしろど【後戸】

仏堂の背後の入口のこと。この入口は本尊の背後にあることから宗教的な意味をもち,後戸を入った正面に本尊の護法神やより根源的な神仏を安置する。例えば東大寺法華堂の執金剛神,二月堂の小観音(こかんのん),常行堂の摩多羅神(まだらしん)などがその典型。法会儀礼のなかで後戸の神をまつる呪法は芸能化し〈後戸の猿楽〉という呼称が示すように中世芸能誕生の舞台となった。能楽の翁を後戸の神(宿神・守宮神)といい修正会(しゆしようえ)などの延年に登場するが,古来,修正会に後戸から鬼が出現するのもまた普遍的であり,ともに後戸の宗教性を象徴している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

後戸の関連キーワード加藤 普佐次郎長宗我部元親仙石秀久金原明善山陵奉行永島亀巣壬申戸籍村尾篁山創価学会大垣城塩鉄使大垣市金鷲戸主

後戸の関連情報