コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐渡島長五郎 さどしまちょうごろう

2件 の用語解説(佐渡島長五郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐渡島長五郎
さどしまちょうごろう

[生]元禄13(1700)
[没]宝暦7(1757)
歌舞伎俳優。所作事の名手として有名。舞踊の佐渡島流の祖とされる伝八の子。正徳末 (1715~16頃) から歌舞伎役者として舞台に立ち,三都で活躍。寛保1 (41) 年には大坂で座本をつとめ,2世市川団十郎を江戸から呼んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐渡島長五郎
さどしまちょうごろう
(1700―1757)

江戸中期の歌舞伎(かぶき)俳優。舞踊の佐渡島流の祖、佐渡島伝八の子。立役(たちやく)の俳優であったが、むしろ舞踊の名手として有名。1741年(寛保1)大坂で座本になり、2世市川団十郎(海老蔵(えびぞう))を2000両の高給で江戸からよんだことは演劇史上有名である。晩年は剃髪(ていはつ)して蓮智坊と名のる。舞踊に関する芸談や秘伝を記した著書『佐渡島日記』が、『役者論語』のなかに含まれて後世に伝わった。遊女歌舞伎の佐渡島歌舞伎の座から系統を引く俳優の姓かと想像されるが、推移は不明である。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐渡島長五郎の関連キーワード松木宗条普巌宗賢四辻公韶没・歿勃・歿・没長田兼持耕禅佐渡島長五郎(初代)谷衛衝山陰美人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone