御代田(町)(読み)みよた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御代田(町)
みよた

長野県中東部、北佐久郡(きたさくぐん)の町。1956年(昭和31)御代田、小沼(おぬま)、伍賀(ごか)の3村が合併して町制施行。町域は標高800~1100メートルの浅間火山南麓(なんろく)の裾野(すその)で、火山灰土壌が厚く堆積(たいせき)している。しなの鉄道、国道18号が通じる。小田井(おたい)地区は中山道(なかせんどう)の宿駅で江戸時代の宿場の形態をよく残し、民家の様式、用水路、宿はずれの枡(ます)形などがみられる。御代田駅近くには農村部としては規模の大きい時計やベアリング、チョコレート、ウイスキーなどの工場がある。浅間山の山腹は県下の代表的な高原野菜の栽培地で、レタス、ハクサイ、キャベツなどを生産する。農研機構畜産草地研究所の御代田研究拠点が塩野に置かれている。軽井沢町の西に接し、地価が軽井沢に比べ安いため、西軽井沢の名称で別荘地の開発が進み、大型スーパーマーケットが進出、国道沿いは市街化が進んでいる。面積58.79平方キロメートル、人口1万5184(2015)。[小林寛義]
『御代田村誌編纂委員会編『御代田村誌』(1958・御代田村) ▽御代田町誌編纂委員会『御代田町誌』(1992・御代田町誌刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android