コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御代田[町] みよた

百科事典マイペディアの解説

御代田[町]【みよた】

長野県東部,北佐久郡の町。中部は佐久盆地,北は浅間山山麓で,高原野菜の栽培が盛ん。精密機械食品工業も行われ,観光開発も進んでいる。第三セクターしなの鉄道が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みよた【御代田[町]】

長野県東部,北佐久郡の町。人口1万2573(1995)。浅間山南麓に位置し,山林・原野が総面積の7割近くを占める。南部を千曲川の支流湯川が西流し,南東部には森泉山(1137m),平尾富士(1156m)がそびえる。中心集落の栄町は1893年の信越本線(JR信越本線は1997年に第三セクター〈しなの鉄道〉に改称)全通後発展した。浅間山のすそ野ではレタスハクサイキャベツなどの高原野菜が栽培され,村の農業収入の80%以上を占める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android