コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御山獅子 みやまじし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御山獅子
みやまじし

地歌・箏曲の曲名。京風手事物菊岡検校作曲。箏の手付八重崎検校。作詞は,伊勢松坂三井家の竹中墨子と伝える。曲題の「御山」は,伊勢神宮内宮南方の神路山。詞章は,神宮周辺の景観を春夏秋冬に配し,伊勢神楽の獅子舞も詠み込んでまとめたもの。前歌-手事 (マクラ・手事・中チラシ・本チラシ) -後歌という構成。三弦は本調子から二上り,高三下り。箏は半雲井調子から平調子,中空調子と変る。掛合の妙,三弦の一の糸・二の糸でのハジキの多用,下方の勘所の使用など,技巧的なはなやかさが好まれ,祝儀曲としても演奏される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

御山獅子【みやまじし】

地歌,箏曲の曲名。菊岡検校作曲,八重崎検校箏手付の京風手事物。〈御山〉は伊勢の神路山を指し,獅子の舞を詠み込んで,伊勢神宮神域の四季を歌ったもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みやまじし【御山獅子】

地歌・箏曲の曲名。菊岡検校作曲,八重崎検校箏手付。京風手事物の獅子物の代表曲。伊勢松坂の三井家の竹中墨子の作詞と伝えられる。御山は伊勢の神路山のことで,伊勢神域の春夏秋冬を歌ったもの。伊勢の神楽や獅子舞が詠みこまれてはいるが,手事はそれらの描写ではなく,箏,三味線の器楽性を発揮させるためのもの。【平野 健次】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みやまじし【御山獅子】

地歌の一。菊岡検校が三味線曲として作曲、八重崎検校が箏の手を編曲した。作詞竹中墨子。京風手事物てごともの。伊勢の神路山をめぐる名所を巧みにつらねて獅子舞の手事を加えためでたい曲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御山獅子の関連キーワード太神楽地歌

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android