御岳山・御嶽山(読み)おんたけさん

大辞林 第三版の解説

おんたけさん【御岳山・御嶽山】

長野・岐阜両県にまたがる火山。海抜3067メートル。古来、霊峰として信仰の対象となる。山麓の檜ひのき林は日本三大美林の一。1979年(昭和54)、有史以来初めて噴火。木曽御岳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android