コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引揚げ ひきあげ

世界大百科事典 第2版の解説

ひきあげ【引揚げ】

海外の日本人が,敗戦という事態のために日本に帰国してきたことを引揚げといい,その人たちを引揚者という。敗戦時に,海外には軍人軍属および一般邦人が660万人以上いた。民間人の場合は,外地で生活の拠点を築き資産を蓄えていたが,敗戦のためその国の命令や生活手段の喪失で財産を放棄して帰国することになった。中国東北部(旧満州)では,ソ連軍の参戦による戦闘に巻き込まれた開拓団の人たちが肉親を失い子どもを残して帰国するなど悲惨な状況におかれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

百科事典マイペディアの解説

引揚げ【ひきあげ】

海外の日本人が,第2次世界大戦敗戦のために日本に帰国してきたことをいう。敗戦時に,海外には軍人・軍属および一般邦人が660万人以上いた。中国東北部では,ソ連軍の参戦による戦闘に巻き込まれた開拓団の人たちが,肉親を失い子供を残して帰国するなど悲惨な状況におかれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

引揚げ
ひきあげ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

引揚げの関連キーワード電気事業及び石炭鉱業における争議行為の方法の規制に関する法律海底ケーブル敷(布)設船フールータオ(葫蘆島)ランビングフラット暴動直樹とゆう子の物語レッド・クラウド東アフリカ共同体張作霖爆殺事件第2次世界大戦あの世からの火加藤 忠右衛門ボロジノの戦い中国残留孤児中井 徳次郎岡崎嘉平太ウアンボ州利益保護国仁智 栄坊久保田 豊高碕達之助

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

引揚げの関連情報