コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川義親 とくがわ よしちか

2件 の用語解説(徳川義親の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川義親 とくがわ-よしちか

1886-1976 明治-昭和時代の華族,植物学者。
明治19年10月5日生まれ。もと越前(えちぜん)福井藩主松平慶永(よしなが)の子。尾張(おわり)徳川家の養子。侯爵。貴族院議員として治安維持法の制定に反対,貴族院改革をとなえる。戦後は社会党の結成に協力,日ソ交流協会会長をつとめた。徳川生物学研究所,徳川林政史研究所,徳川美術館などを設立。昭和51年9月6日死去。89歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳川義親
とくがわよしちか
(1886―1976)

近代の大名華族。東京生まれ。実父は幕末維新に活躍した越前福井藩主の松平慶永(よしなが)。敗戦後に最期の宮内大臣をつとめた松平慶民(よしたみ)は実兄。1908年(明治41)に尾張徳川侯爵家の養子となる。東京帝国大学を卒業し、徳川生物学研究所や徳川林政史研究所を設置。狩猟が趣味で北海道の熊狩りやマレー半島での虎狩りなどを好む。「理財の殿様」としても知られ、家政の合理化を進めて徳川黎明会を設立し、『源氏物語絵巻』など尾張家伝来の古書や家宝類の散逸を防いだ。1931年(昭和6)、三月事件のクーデター決行資金を提供し、その後も軍部の革新派や南方進出をめざす石原広一郎らと連携し、反英運動を行った。太平洋戦争開始後にシンガポールに赴任し、南方軍政顧問や昭南博物館長を務めた。戦後は、日本社会党結成に関与し、東京裁判では三月事件の証人となった。公職追放解除後、名古屋市長選に立候補するも落選。[小田部雄次]
『徳川義親著『最後の殿様――徳川義親自伝』(1973・講談社) ▽中野雅夫著『革命は芸術なり――徳川義親の生涯』(1977・学芸書林) ▽小田部雄次著『徳川義親の十五年戦争』(1988・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳川義親の関連キーワード井伊直忠旧華族新華族伊東太郎稲垣太祥木下俊哲桜井忠胤藤堂高成二条正麿橋本実穎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳川義親の関連情報