コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心葉 ココロバ

3件 の用語解説(心葉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こころ‐ば【心葉】

心ばえ。心。
「人知れぬ我が―にあらねどもかきあつめても物をこそ思へ」〈和泉式部続集
綾絹の四隅や中央に、銀・銅などで作った梅花や松の枝などの形をつけ、組紐(くみひも)で飾ったもの。香壺文匣(ぶんこう)または贈り物などの上を覆うのに用いた。
饗膳(きょうぜん)の四隅や贈り物などに、飾りとして添える造花。生花を用いることもある。
大嘗会(だいじょうえ)などの神事に奉仕する官人采女(うねめ)が、挿頭(かざし)の花として頭につける、貝や金銀の金具の造花。

しん‐よう〔‐エフ〕【心葉】

《「こころば」を音読みにした語》挿頭(かざし)としてつける造花。
「銀(しろがね)の―、鬘(びんづら)に取って付け」〈浄・振袖始〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こころば【心葉】

心。心ばえ。 「人知れぬわが-にあらねどもかきあつめてぞ物をこそ思へ/和泉式部集」
作り物の枝や花。
贈り物などに添える金銀糸や色糸で作った松や梅。 「筥はこ一よろひに薫物たきもの入れて、-、梅の枝をしていどみきこえたり/紫式部日記」
大嘗会だいじようえなどの神事で、冠の巾子こじの前に挿頭かざしとしてつける金銀の造花。
四角い綾織りの絹に、銀・銅などで造った梅・松などの花形を付け、組紐くみひもで飾ったもの。贈り物の箱や香箱・櫛箱などの調度品をおおうのに用いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心葉の関連キーワード麻布で気が知れぬ味無い生ひ末数知れぬ匂ひ香人知れず我が物顔あられぬ陰子心病む

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心葉の関連情報