コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心霊学 しんれいがく

世界大百科事典 第2版の解説

しんれいがく【心霊学】

現在の科学知識からは予測も説明も不能な超常的現象を心霊現象と呼ぶが,そうした現象を死後生存の方面から解釈,研究しようとする立場。この種の現象は古来各地で知られている。とくにヨーロッパ諸国では,いわゆる心霊主義spiritualismの伝統があり,スウェーデンボリの著作などを通じてなじみが深かったが,19世紀中葉までは系統的研究の対象とはならなかった。1847年デービスAndrew Jackson Davisというアメリカの無学な一青年が催眠のトランス状態で神秘的大著を口述するという事件があり,翌48年にはニューヨーク州の寒村で〈ハイズビル事件〉が起こる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

心霊学の関連キーワードヴァルター ハーゼンクレーバーユング・シュティリングスピリチュアリズムエクトプラズムオカルティズムサイキックスクルックスジェームズ福来 友吉ビジョン長田幹彦ドイル柳宗悦渋江保

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android