コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気兼ね キガネ

デジタル大辞泉の解説

き‐がね【気兼ね】

[名](スル)他人の思わくなどに気をつかうこと。遠慮。「隣り近所に気兼ねする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きがね【気兼ね】

( 名 ) スル
他人の思惑などを考えて、気をつかうこと。遠慮。 「隣人に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

気兼ねの関連キーワードセルフネグレクト気詰まり・気詰り鬼の居ぬ間に洗濯アサーション心置き無く気儘・気侭心置き無い打ち解け言遠慮勝ち雌鳥皇女天井抜け惟喬親王跼天蹐地気が弱い兼ねる女の家思わく手放し紀名虎心置き

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気兼ねの関連情報