コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍壁親王/刑部親王 オサカベシンノウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍壁親王 おさかべしんのう

?-705 飛鳥(あすか)時代,天武天皇の皇子。
母は宍人〓(“木へん”に「穀」)媛娘(ししひとの-かじひめのいらつめ)。壬申(じんしん)の乱では,父大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)にしたがう。天武天皇10年川島皇子らと「帝紀」および「上古諸事」の記定にあたる。「大宝律令」の撰修を主宰し,大宝元年完成させる。初代の知太政官事となり,三品(さんぽん)にすすんだ。慶雲(きょううん)2年5月7日死去。名は刑部ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

忍壁親王/刑部親王の関連キーワード刑部親王

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android