コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応和宗論 おうわのしゅうろん

3件 の用語解説(応和宗論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応和宗論
おうわのしゅうろん

宗論の名。村上天皇が応和3 (963) 年8月に天台宗の 10師と法相宗の 10師を宮中に招いて法華講を開いたときに起った論議のこと。天台側は一切の衆生は成仏すると主張したのに対し,法相側は五性各別 (ごしょうかくべつ) によっていて,成仏しないもののあることを主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おうわしゅうろん【応和宗論】

963年(応和3)に宮中で,天台・法相(ほつそう)両宗の学匠が一切成仏(いつさいじようぶつ)・二乗不成仏をめぐって行った論議をいう。村上天皇は,8月21日から25日までの5日10座,南都北嶺の高僧各10人を清涼殿に招き法華会を催したが,その第2日夕座(ゆうざ)に問者であった天台の覚慶は,一切すべてのものが成仏できると主張したのに対し,講師であった東大寺の法蔵が,成仏できるのは菩薩と不定(ふじよう)の一部に限定されると法相宗の立場から反論して論争となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応和宗論
おうわのしゅうろん

963年(応和3)8月21日から5日間、村上(むらかみ)天皇御願の『法華経(ほけきょう)』書写の成就にあたり、宮中清涼殿(せいりょうでん)に南都と北嶺(ほくれい)の碩学(せきがく)各10人を招いて『法華経』の義理を講ぜしめた際、法相(ほっそう)と天台の両宗間で行われた教義論争。
 北嶺の天台宗はいっさいの衆生(しゅじょう)はすべて成仏(じょうぶつ)するという一切皆成(いっさいかいじょう)説を主張、南都の法相宗は衆生が先天的に備えている素質に5種あるという五姓各別(ごしょうかくべつ)説にたって、成仏しないものがあることを主張した。講経は毎日朝夕2座行われ、両方から講師と問者が相互に出て論義問答したが、第3日朝座に天台の良源(りょうげん)が南都の法蔵(ほうぞう)を論伏するに及び、第5日朝座には南都の仲算(ちゅうざん)が天台の寿肇(じゅちょう)を痛論し、ついに勅令により同日夕座には良源と仲算が討論し、激論を戦わせた。『元亨釈書(げんこうしゃくしょ)』巻4、『扶桑略記(ふそうりゃっき)』巻26などには、良源の勝ちとしてあり、『応和宗論日記』、『本朝高僧伝』巻9などには仲算の勝ちを伝えるが、勝敗は決しなかったというのが真相であろう。この問題は、仏教における本覚門(ほんがくもん)思想と始覚門(しかくもん)思想、理想主義と現実主義との対立ともいうべきもので、その止揚解決は鎌倉仏教にゆだねられたとみることができる。[薗田香融]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の応和宗論の言及

【宗論】より

…【礪波 護】 日本では,宗論は古代・中世に盛行した。古くは最澄が法相宗の護命(ごみよう)・徳一(とくいつ)との間で大乗戒や法華の権実について文書を往復して論難した宗論をはじめ,963年(応和3)法相宗の仲算らが天台宗の良源(りようげん)らと定性(じようしよう)二乗不成仏の義について論争した〈応和宗論〉,1186年(文治2)法然の専修念仏の義について叡山の顕真(けんしん),高野山の明遍(みようへん),笠置山の貞慶(じようけい)らが問者となって大原勝林院で行われた〈大原談義(大原問答)〉などがよく知られる。 のちに日蓮宗(法華宗)が謗法折伏(ほうぼうしやくぶく)を標榜して台頭してくると,中世後期の宗論は,日蓮宗と他宗との宗論が中心となった。…

【良源】より

…師輔は横川に法華三昧堂を建立して良源に付し,荘園を寄進し,その子兼家も恵心院や薬師堂を建立するなど,積極的な援助をした。963年(応和3)宮中清涼殿で行われた宗論(応和宗論)で南都の学匠法蔵らを論破し,964年(康保1)には内供奉十禅師となり,966年第18代天台座主となった。良源は座主として,火災で焼失した東塔の諸堂の再建にあたり,さらに西塔や横川の諸堂や僧房,経蔵,政所屋など,山内の施設を整備した。…

※「応和宗論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

応和宗論の関連キーワード節折菊の宴法相戒算覚慶(1)緝子内親王聖救真喜仲算法蔵(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone