コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日新真事誌 にっしんしんじし

6件 の用語解説(日新真事誌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日新真事誌
にっしんしんじし

イギリス人 J.R.ブラックが明治5 (1872) 年3月東京で創刊した日本語の新聞。日本語の巧みだったポルトガル人ダ・ローザが編集に協力した。初め隔日刊,4月から1,6の日が休刊になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にっしんしんじし【日新真事誌】

明治5年(1872)英国人ブラックが東京で創刊した邦字新聞民撰議院設立建白書を掲載したことで有名。同8年廃刊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日新真事誌【にっしんしんじし】

J.R.ブラックが1872年創刊した邦字新聞。隔日発行,のち日刊。外国人としての特権をいかして自由な言論報道を展開,日本の社会,時事を論評,民撰議院設立建白を支持した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にっしんしんじし【日新真事誌】

1872年創刊の日刊新聞。東京の貌剌屈(ブラツク)社より発行。社主兼主筆はイギリス人J.R.ブラックで,The Reliable Daily Newsの訳を題号としたものである。当初の数ヵ月分はツゲ製の木活字版,その後は鉛活字を使用している。ヨーロッパの新聞と同一水準にあると彼が自負しているように,既存の《横浜毎日新聞》や《新聞雑誌》よりは完成度の高い大新聞(おおしんぶん)であった。左院の機関紙の扱いを受け,外国人の特権を利して忌憚のない論陣を展開し人気を博したが,73年の財政意見書の公表などで政府に喜ばれず,75年の新聞紙条例で外国人社主が禁じられたことにより廃刊に追い込まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にっしんしんじし【日新真事誌】

1872年(明治5)イギリス人ブラック(J. Black)が創刊した邦字の日刊新聞。民撰議院設立建白書などをスクープしたが、政府の弾圧により二六五号で廃刊。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日新真事誌
にっしんしんじし

1872年(明治5)3月16日、イギリス人ブラックJohn Reddie Blackが東京で創刊した日刊紙。初め1か月ほどは隔日刊であったが、内外のニュース、出入船舶表、相場表、論説、広告を掲載する堂々たる新聞で、7月には政府買上げ紙(各府県へ渡す)、11月7日には左院御用(議事録などの掲載紙)の特典を与えられた。しかし73年5月7日、井上馨(かおる)、渋沢栄一の「財政意見書」、74年1月18日には板垣退助らの「民撰(みんせん)議院設立建白書」を特報するなど政治事件をスクープするようになったため、政府はブラックを太政官(だじょうかん)顧問に任じて新聞から手を引かせた(その後、新聞紙条例を改正、外国人が日本の新聞の持ち主になることを禁じた)結果、75年12月5日廃刊となる。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日新真事誌の言及

【居留地新聞】より

…居留地外国人が発行した日本語新聞は,このような状況に促されて出現したのである。これには,1864年(元治1)浜田彦蔵(アメリカ籍)が創刊した《海外新聞》をはじめとして,67年(慶応3)の《万国新聞紙》《倫敦新聞紙》,68年(明治1)の《各国新聞紙》《横浜新報もしほ草》,72年の《日新真事誌》などが知られている。いずれも英語に堪能な日本人協力者を得て発行されていた。…

【御用新聞】より

…欧米においても支持政党を明確にした新聞や,政府自身が保有し宣伝活動を行う新聞のような例は多いが,日本の御用新聞は明治時代前半に集中してみられ,西欧のものとは歴史上の意味は大きく異なる。明治維新期の新聞の大部分は,《郵便報知新聞》の駅逓寮御用,《日新真事誌》の左院御用のように,政府の御用新聞であるといってよい。新聞は文明開化を推進する政府の,上意下達のコミュニケーション・システムの一翼を担うことを誇りとしていた。…

※「日新真事誌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日新真事誌の関連キーワードデーリーミラー常陽新聞スポーツ報知日刊県民福井日刊ゲンダイ日刊新民報日刊自動車新聞日刊スポーツ日刊木材新聞琉球新報

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日新真事誌の関連情報