コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念ずる ネンズル

デジタル大辞泉の解説

ねん・ずる【念ずる】

[動サ変][文]ねん・ず[サ変]
物事の成就などを強く願う。「成功を―・ずる」
心の中で神仏に祈る。また、経文・名号などを心の中で唱える。「如来の済世を―・ずる」「弥陀の名号を―・ずる」
耐え忍ぶ。こらえる。
「をりをりごとにえ―・じえず、悔しきこと多かめるに」〈帚木

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねんずる【念ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 ねん・ず
ある事柄・事態などの実現を強く思い願う。こうあってほしいと心の中で祈る。 「合格を-・ずる」 「子供の幸福を-・ずる」
神仏の名、経文、呪文などを、心の中で唱える。 「仏ヲ-・ズル/ヘボン」
苦痛・悲しみなどをじっとこらえる。 「中に心さかしき者、-・じて射むとすれども/竹取」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

念ずるの関連キーワード清水寺縁起(きよみずでらえんぎ)呪い・詛い観想念仏人笑はれ常行三昧カビール摩利支天阿弥陀経即心念仏密教美術西方念仏臨終正念妙好人七覚支十斎日念じる往生講弱法師ヨーガ一向宗

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

念ずるの関連情報