コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念ずる ネンズル

2件 の用語解説(念ずるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねん・ずる【念ずる】

[動サ変][文]ねん・ず[サ変]
物事の成就などを強く願う。「成功を―・ずる」
心の中で神仏に祈る。また、経文・名号などを心の中で唱える。「如来の済世を―・ずる」「弥陀の名号を―・ずる」
耐え忍ぶ。こらえる。
「をりをりごとにえ―・じえず、悔しきこと多かめるに」〈・帚木〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねんずる【念ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 ねん・ず
ある事柄・事態などの実現を強く思い願う。こうあってほしいと心の中で祈る。 「合格を-・ずる」 「子供の幸福を-・ずる」
神仏の名、経文、呪文などを、心の中で唱える。 「仏ヲ-・ズル/ヘボン」
苦痛・悲しみなどをじっとこらえる。 「中に心さかしき者、-・じて射むとすれども/竹取」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

念ずるの関連情報