コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念ずる(読み)ネンズル

デジタル大辞泉の解説

ねん・ずる【念ずる】

[動サ変][文]ねん・ず[サ変]
物事の成就などを強く願う。「成功を―・ずる」
心の中で神仏に祈る。また、経文・名号などを心の中で唱える。「如来の済世を―・ずる」「弥陀の名号を―・ずる」
耐え忍ぶ。こらえる。
「をりをりごとにえ―・じえず、悔しきこと多かめるに」〈帚木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねんずる【念ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 ねん・ず
ある事柄・事態などの実現を強く思い願う。こうあってほしいと心の中で祈る。 「合格を-・ずる」 「子供の幸福を-・ずる」
神仏の名、経文、呪文などを、心の中で唱える。 「仏ヲ-・ズル/ヘボン」
苦痛・悲しみなどをじっとこらえる。 「中に心さかしき者、-・じて射むとすれども/竹取」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

念ずるの関連情報