コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性副鼻腔炎 きゅうせいふくびくうえんAcute Sinusitis

家庭医学館の解説

きゅうせいふくびくうえん【急性副鼻腔炎 Acute Sinusitis】

[どんな病気か]
 鼻腔(びくう)の周囲には、目と目の間にあってハチの巣のような構造をもつ篩骨洞(しこつどう)、その奥にある蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)、頬(ほお)にある上顎洞(じょうがくどう)、額(ひたい)にある前頭洞(ぜんとうどう)といった、副鼻腔(ふくびくう)と呼ばれる空洞(くうどう)があって、その内側は薄い粘膜(ねんまく)でおおわれています。これらの副鼻腔は、小さな孔(あな)(自然口)で鼻腔とつながっています(図「副鼻腔のいろいろ」)。
 鼻の粘膜はウイルスが感染しやすく、感染すると鼻腔や副鼻腔の粘膜に炎症がおこります。そして細菌が二次感染して、粘膜の炎症はさらにひどくなります。
 鼻腔と副鼻腔をつなぐ孔は小さく、炎症がおこって粘膜が肥厚(ひこう)すると塞(ふさ)がり、膿(うみ)が副鼻腔にたまってきます。この状態が急性副鼻腔炎で、放置すると慢性副鼻腔炎へ移行します。したがって、膿性鼻漏(のうせいびろう)(膿を含んだ黄色から緑色の鼻汁(びじゅう))などが続くときは、早めに耳鼻咽喉科医(じびいんこうかい)を受診しましょう。
[症状]
 鼻閉(びへい)(鼻づまり)、膿性鼻漏、頭痛、発熱、頬の痛み、眼痛(がんつう)などの急性症状が主です。
[原因]
 ブドウ球菌(きゅうきん)、レンサ球菌、インフルエンザ菌、変形菌などが、上顎洞や篩骨洞に感染しておこります。まれに、むし歯の原因菌が感染し、上顎洞に炎症がおこることがあります(歯性上顎洞炎(しせいじょうがくどうえん))。症状が急性の上顎洞炎と似ていますが、この場合は歯科でのむし歯の治療が重要となります。
[検査と診断]
 X線撮影で副鼻腔に陰影があり、鼻内を観察すると鼻粘膜(びねんまく)がむくんで(浮腫(ふしゅ))赤くなり、中鼻道(ちゅうびどう)に膿汁(のうじゅう)がみられます。これらの検査結果や症状から診断できます。
[治療]
 多くは、抗生物質の使用で軽快します。重症の場合は上顎洞洗浄(じょうがくどうせんじょう)(上顎洞に針を刺して、膿を洗い流す)などの排膿(はいのう)が必要になります。
 炎症が激しいと、近くの目、脳、視神経(ししんけい)に波及し、まれに眼窩蜂巣織炎(がんかほうそうしきえん)、髄膜炎(ずいまくえん)、脳膿瘍(のうのうよう)などの頭蓋内合併症(ずがいないがっぺいしょう)をおこします。この場合、強力な抗生物質の使用と手術による排膿が必要です。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

急性副鼻腔炎の関連キーワード進行性鼻壊疽(ウェゲナー肉芽腫症/非腫瘤型T細胞リンパ腫)慢性副鼻腔炎(蓄膿症)かぜ症候群(普通感冒)鼻のしくみとはたらき子どもの急性鼻炎急性鼻炎後鼻漏蓄膿症

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

急性副鼻腔炎の関連情報