コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒藤恭 つねとうきょう

6件 の用語解説(恒藤恭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恒藤恭
つねとうきょう

[生]1888.12.3. 松江
[没]1967.11.2. 京都
法哲学者。京都大学に学んだのち,同志社大学,京都大学などで国際法,法理学を講じる。早くから日本における新カント主義法哲学の紹介者として知られていたが,のちにはディルタイ生の哲学を取入れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つねとう‐きょう【恒藤恭】

[1888~1967]法哲学者。島根の生まれ。昭和8年(1933)滝川事件で京大教授を辞職。第二次大戦後、大阪市立大学長。著「法の基本問題」「法的人格者の理論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒藤恭 つねとう-きょう

1888-1967 大正-昭和時代の法学者。
明治21年12月3日生まれ。同志社大教授をへて,京都帝大教授。昭和8年滝川事件で退官。のち大阪商大(現大阪市立大)の学長に就任。41年文化功労者芥川竜之介とは一高以来の友で「旧友芥川竜之介」がある。昭和42年11月2日死去。78歳。島根県出身。京都帝大卒。著作に「法の基本問題」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

つねとうきょう【恒藤恭】

1888‐1967(明治21‐昭和42)
法哲学者。一高で芥川竜之介,菊池寛らと親交を結び,京都帝国大学法科大学へ進み,大学院で国際法を専攻。1929年京都帝国大学法学部教授となり法理学講座を担当したが,33年滝川事件のため退官,45‐57年大阪商科大学(後に大阪市立大学)学長。49年学士院会員,66年文化功労者。新カント学派法哲学の研究から出発して,社会・人文諸科学の成果を幅広く摂取しつつ,独自の法哲学的立場の構築に努めたほか,国際法・政治思想史など,多方面にわたって活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つねとうきょう【恒藤恭】

1888~1967) 法哲学者。松江市生まれ。滝川事件で京大教授を辞し、戦後、大阪市大学長。新カント学派の法哲学から出発し、のちに独自の立場から法思想を説いた。著「法の基本問題」「法的人格者の理論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恒藤恭
つねとうきょう
(1888―1967)

法哲学者。明治21年12月3日島根県松江市生まれる。第一高等学校時代菊池寛(かん)、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)らと親交を結ぶ。1916年(大正5)京都帝国大学法科大学を卒業後、19年同志社大学教授を経て、22年京大助教授、29年(昭和4)同教授となる。33年滝川事件に際し節を全うして退官した。その後大阪商科大学(現大阪市立大学)の講師、教授を経て、第二次世界大戦後は49~57年(昭和24~32)まで大阪市立大学学長を務めるとともに、京大に復職して京大教授を兼任(1946~49)した。49年学士院会員となり、62~65年日本法哲学会理事長を務めた。66年文化功労者。初期には新カント主義の影響下で、シュタムラー、ラスクなどを祖述したが、やがて、生の哲学(ディルタイ、ジンメルなど)、ヘーゲル哲学などの影響下で、独自の法思想を説いた。主著には『法律の生命』(1927)、『法の基本問題』(1936)、『法的人格者の理論』(1936)、『哲学と法学』(1969)、『法の精神』(1969)、『法と道徳』(1969)などがある。昭和42年11月2日死去。[長尾龍一]
『山崎時彦編『若き日の恒藤恭』(1972・世界思想社) ▽恒藤恭著『旧友芥川龍之介』(初版・1947・朝日新聞社/復刻版・1983・日本図書センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恒藤恭の関連キーワード小島政二郎芥川竜之介・芥川龍之介新技巧派新現実派テーマ小説芥川竜之介賞我鬼下島空谷菅虎雄《鼻》(芥川竜之助)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

恒藤恭の関連情報