コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶長地震 ケイチョウジシン

2件 の用語解説(慶長地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいちょうじしん〔ケイチヤウヂシン〕【慶長地震】

慶長9年12月(1605年2月)に東海道南海道西海道で発生した大規模地震慶長の大地震1)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けいちょうじしん【慶長地震】

1605年2月3日(慶長9年12月16日)午後10時ごろ発生した地震。地震動による被害はほとんどなく,津波が房総,伊豆,紀伊,四国,九州を襲った。記録から推定される津波の高さは,房総と紀伊,四国で高く,静岡県沿岸で比較的低い。八丈島にも津波が襲って死者57人を出した。以上のことからこの地震は,房総沖(北緯34.3゜,東経140.4゜,マグニチュード7.9)と紀伊水道沖(北緯33゜,東経134.9゜,マグニチュード7.9)に同時に二つの地震が発生したものと考えられてきたが,南海トラフ沿いの遠州灘はるか沖合に一つの巨大地震が起きたという考えも出ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

慶長地震の関連キーワード徳川秀忠アクバルナレースエンニューフランスアクバル部落問題ムガル絵画ハロウィーン塩漬け土地傾山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

慶長地震の関連情報