コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一所懸命 イッショケンメイ

デジタル大辞泉の解説

いっしょ‐けんめい【一所懸命】

[名・形動]
中世、1か所の領地を命をかけて生活の頼みにすること。また、その領地。「一所懸命の地」
命がけで物事をすること。また、そのさま。必死。一生懸命(いっしょうけんめい)。
「もっと―な、烈(はげ)しく意識した技法なのであり」〈小林秀雄・雪舟〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっしょけんめい【一所懸命】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
武士が、生活のすべてをその所領にかけること。
一生いつしよう懸命 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の一所懸命の言及

【本領】より

…幕府法における本領とは,御家人が先祖以来伝領してきた固有の所領をいい,将軍家への奉公によって恩給された〈御恩地〉とは区別された。この本領は平安時代このかた,在地領主がみずから〈私功〉を加えて開発した所領田畠を起源とし,譲状(ゆずりじよう),手継文書(てつぎもんじよ)によって代々相伝され,勧農,収納など所務沙汰(しよむさた)を行い,他の妨げなく知行を全うしてきた〈一所懸命〉の地であって,同じく《沙汰未練書》が,〈御家人とは往昔以来,開発領主として武家御下文を賜る人の事なり〉といっているように,武士は鎌倉殿の本領安堵をうけて御家人となった。本領の構造は,領主屋敷(本宅),敷地,門田畠(もんでんぱく)((つくだ))を中心とし,開発に由来する名田畠(みようでんばく)(別名(べちみよう)),郷・保・村の所領所職(しよしき),社寺の諸職等から成り,そこに配置された一族,家人(けにん),所従(しよじゆう),下人(げにん),在家(ざいけ)などの人的結合を通じて,領主の〈家〉の支配が直接に及んでいた。…

※「一所懸命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一所懸命の関連キーワードおもな四字熟語寸暇を惜しまずおもな慣用句肝胆を砕く文明一統記身骨を砕くそれなのに平安時代懸命の地一生懸命英伸三奥山荘領地勉励所領新語武士本領

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一所懸命の関連情報