一所懸命(読み)イッショケンメイ

デジタル大辞泉の解説

いっしょ‐けんめい【一所懸命】

[名・形動]
中世、1か所の領地を命をかけて生活の頼みにすること。また、その領地。「一所懸命の地」
命がけで物事をすること。また、そのさま。必死。一生懸命(いっしょうけんめい)。
「もっと―な、烈(はげ)しく意識した技法なのであり」〈小林秀雄・雪舟〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっしょけんめい【一所懸命】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
武士が、生活のすべてをその所領にかけること。
一生いつしよう懸命」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっしょ‐けんめい【一所懸命】

〘名〙
① 中世、生活の頼みとして、命をかけて所領を守ろうとすること。また、その所領。→一所懸命の地
※古事談(1212‐15頃)一「彼は只一所懸命之由聞食之
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「彼西東の子どもに、一所懸命(イッショケンメイ)の荘園を宛行(あておこなは)れたり」
② (形動) 生死をかけるような、さし迫った事態。命がけのこと。また、そのさま。必死。一生懸命
※仮名草子・智恵鑑(1660)一「一所懸命(いっショケンメイ)の大事出来けるにより、夜中ひそかに禁中へしのびいらせ」
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉五「狐は、一所懸命に走りて、忽ち定めの場所に達し」
[語誌]中世には「一所」は「同じ場所」「ひとつの場所」の意で、場所の観念がみられるが、近世以降になるとその観念は薄まり、「一所」と表記されても「一緒」の意味をもつようになる。それと平行して「一所懸命」も「いのちがけの」あるいは「必死な気持」の意だけが残り、②の意味が派生する。この変化に伴い、場所・所領の観念が忘れられて「いっしょうけんめい(一生懸命)」へと語形変化したものと考えられる。→「一生懸命」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の一所懸命の言及

【本領】より

…幕府法における本領とは,御家人が先祖以来伝領してきた固有の所領をいい,将軍家への奉公によって恩給された〈御恩地〉とは区別された。この本領は平安時代このかた,在地領主がみずから〈私功〉を加えて開発した所領田畠を起源とし,譲状(ゆずりじよう),手継文書(てつぎもんじよ)によって代々相伝され,勧農,収納など所務沙汰(しよむさた)を行い,他の妨げなく知行を全うしてきた〈一所懸命〉の地であって,同じく《沙汰未練書》が,〈御家人とは往昔以来,開発領主として武家御下文を賜る人の事なり〉といっているように,武士は鎌倉殿の本領安堵をうけて御家人となった。本領の構造は,領主屋敷(本宅),敷地,門田畠(もんでんぱく)((つくだ))を中心とし,開発に由来する名田畠(みようでんばく)(別名(べちみよう)),郷・保・村の所領所職(しよしき),社寺の諸職等から成り,そこに配置された一族,家人(けにん),所従(しよじゆう),下人(げにん),在家(ざいけ)などの人的結合を通じて,領主の〈家〉の支配が直接に及んでいた。…

※「一所懸命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一所懸命の関連情報