コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

必死 ヒッシ

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐し【必死】

[名・形動]
必ず死ぬこと。
死ぬ覚悟で全力を尽くすこと。また、そのさま。死にものぐるい。「必死の形相」「必死に逃げる」
(「必至」とも書く)将棋で、次に必ず王将が詰む、受ける方法がない状態。また、その差し手。「必死をかける」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひっし【必死】

( 形動 ) [文] ナリ 
失敗すると取り返しがつかないという気持ちで全力を尽くすさま。死に物狂い。一生懸命。 「 -になる」 「 -に逃げる」 「 -で勉強する」 「 -の努力」 「 -の形相」
( 名 )
必ず死ぬこと。 「正成-の鏃やじりに死を遁れ/太平記 3
(「必至」とも書く)将棋で、どう守っても必ず詰んでしまう状態。また、その攻め手。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

必死の関連情報