コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成生岬 なりゅうざき

3件 の用語解説(成生岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成生岬
なりゅうざき

京都府北部,大浦半島の北端にある岬。「なりうみさき」とも呼ぶ。舞鶴市に属する。若狭湾内で最も突出している岬で,基部に成生,田井の漁村があり,ブリの定置網漁業が行なわれる。岬一帯は江戸時代から魚つき林として樹木の伐採が禁止され,樹齢 300年をこえる日本最大級のスダジイ(→シイ)が自生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なりう‐みさき【成生岬】

《「なりゅうざき」とも》京都府北東部、大浦半島北端に突出した岬。若狭(わかさ)湾に面した断崖で、岬の突端に灯台がある。東方約1キロメートルの位置に浮かぶ毛島は、周囲約4キロメートルで京都府最大の離島。若狭湾国定公園の一部。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成生岬
なりゅうざき

「なりうみさき」ともいう。京都府北東部、舞鶴(まいづる)市の大浦半島の北端にあり、若狭(わかさ)湾に向かって突出する岬。周辺は断崖(だんがい)をなし、岬の突端に灯台がある。沖合いを対馬(つしま)暖流が還流し、暖流にのってブリが回遊するため、田井、成生の漁港では古くからブリの定置網漁業が行われ、対岸の丹後(たんご)半島の伊根(いね)とともに丹後のブリ漁業の中心となっている。岬一帯は若狭湾国定公園域。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone