コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成生岬 なりゅうざき

3件 の用語解説(成生岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成生岬
なりゅうざき

京都府北部,大浦半島の北端にある岬。「なりうみさき」とも呼ぶ。舞鶴市に属する。若狭湾内で最も突出している岬で,基部に成生,田井の漁村があり,ブリの定置網漁業が行なわれる。岬一帯は江戸時代から魚つき林として樹木の伐採が禁止され,樹齢 300年をこえる日本最大級のスダジイ(→シイ)が自生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なりう‐みさき【成生岬】

《「なりゅうざき」とも》京都府北東部、大浦半島北端に突出した岬。若狭(わかさ)湾に面した断崖で、岬の突端に灯台がある。東方約1キロメートルの位置に浮かぶ毛島は、周囲約4キロメートルで京都府最大の離島。若狭湾国定公園の一部。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成生岬
なりゅうざき

「なりうみさき」ともいう。京都府北東部、舞鶴(まいづる)市の大浦半島の北端にあり、若狭(わかさ)湾に向かって突出する岬。周辺は断崖(だんがい)をなし、岬の突端に灯台がある。沖合いを対馬(つしま)暖流が還流し、暖流にのってブリが回遊するため、田井、成生の漁港では古くからブリの定置網漁業が行われ、対岸の丹後(たんご)半島の伊根(いね)とともに丹後のブリ漁業の中心となっている。岬一帯は若狭湾国定公園域。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成生岬の関連キーワード網野大浦半島波戸岬ヨーク岬半島京丹後北海岬レインガ岬タイミル半島京都府与謝郡伊根町京都府京都市伏見区北端町

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone