コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

げきji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


げき
ji

中国古代の武器が合体したもので,周~漢代にかけて用いられた。日本には,弥生時代に中国から銅戈が伝えられ,また同様のものが日本でもつくられた。茨城県三昧塚古墳から鉄製の戟が出土している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げき【戟 jǐ】

中国の西周時代以後に多く使用された武器で,(か)と合わせて句兵(こうへい)といわれる。基本的には戈と矛(ほこ)を組み合わせた形式で,青銅製が多いが,戦国時代後期になると鉄製のものが現れる。西周時代前・中期の河南省濬県辛村の西周墓からは,矛と戈が合鋳された刺援同体式の戟と,殷後期に使用された長刀と戈を組み合わせた鈎戟といわれるものが出土している。後者の類例はまれである。春秋時代後期の河北省唐山県の墓などからは,戈と矛が別体の刺援異体式の戟が出土し,これ以後,戦国時代にかけての戟はこの形式が中心になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げき【戟】

古代中国の武器の一。両方に枝が出た三つ叉またのほこ。漢代のものは普通、鉄製。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【武器】より

…ここまでくれば,武器というより,兵器と呼ぶにふさわしい。【渡辺 昌美】
【中国】

[戈,戟,矛など]
 古代中国で青銅製の武器として主流を占めたのは戈(か)と戟(げき)であった。は先端が三つに分かれており,一つが木製の柄に固定する部分で,あとの二つが鋭利になっていた。…

※「戟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戟の関連キーワード擊・劇・戟・撃・檄・激・隙シバ(ヒンドゥー教の神)務・夢・武・無・矛・霧タカトウダイ(高灯台)兜跋毘沙門天タカトウダイ大威徳明王降三世明王魯王墓石人永泰公主墓夫租薉君墓懿徳太子墓黒木 敏郎栗島 狭衣ポセイドン大自在天旧弘道館中山王墓村田太志伊舎那天

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戟の関連情報