打田(読み)うちた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

打田
うちた

和歌山県北部,紀の川市北西部の旧町域。和泉山脈南斜面から紀ノ川中流北岸の複合扇状地にある。1956年池田村と田中村が合体して町制。2005年粉河町,那賀町,桃山町,貴志川町の 4町と合体して紀の川市となった。紀ノ川流域の穀倉地帯で,米作のほか蔬菜類,果樹,花卉の栽培が行なわれ,粘土瓦を特産。松下電池工業の工場,近畿大学などの進出により,工業化,都市化が進み,和歌山市の郊外住宅地となった。南西部に国指定史跡の紀伊国分寺跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

打田
うちた

和歌山県北部、那賀(なが)郡にあった旧町名(打田町(ちょう))。現在は紀の川市の西部を占める地域。旧打田町は、1956年(昭和31)池田村と田中村が合併して成立。2005年(平成17)粉河(こかわ)、那賀、桃山(ももやま)、貴志川(きしがわ)の4町と合併して、紀の川市として市制施行。旧町名は1900年(明治33)和歌山線開通時に設けられた田中村打田駅にちなむ。打田は「内田」の意で、和泉(いずみ)山脈と紀ノ川との間の広い複合扇状地上にあり県内随一の米作地。八幡(はちまん)塚など古墳や条里遺構があり、山麓(さんろく)を南海道、紀ノ川北岸を旧伊勢(いせ)街道の国道24号が通る。米作のほか、野菜、ミカンなどの栽培が行われている。近年では交通の便のよさから、大型工場も進出、1993年には近畿大学生物理工学部が開学している。紀伊国分寺跡(国指定史跡)、式内社の海神(うなかみ)社がある。[小池洋一]
『『打田町史』全3巻(1981~1986・打田町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

打田の関連情報