コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴志川 きしがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貴志川
きしがわ

和歌山県北部,紀の川市南西部の旧町域。紀ノ川の支流貴志川の下流域にある。1955年東貴志村,中貴志村,西貴志村,丸栖村の 4村が合体して町制。2005年打田町,粉河町,那賀町,桃山町の 4町と合体して紀の川市となった。地名は河川名にちなむ。貴志川が先行性の峡谷をなし,南部の大国主神社付近は貴志川ラインとも呼ばれ,ゲンジボタルの名所として知られる。米作のほか果樹の栽培が行なわれる。和歌山市への通勤者が増加し,住宅地化が進んだ。

貴志川
きしがわ

和歌山県北部の川。紀ノ川最大の支流。高野山に源を発し,上流部は古い断層線に沿って穿入蛇行しながら南西に流れ,紀美野町北西部の野上付近の渓谷を経て北流,のち山田川,柘榴川(ざくろがわ)を合わせ,紀の川市西部で紀ノ川に注ぐ。全長約 45km。河川の争奪の跡があり,紀ノ川との合流点付近はかつて洪水常襲地であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きし‐がわ〔‐がは〕【貴志川】

和歌山県北部を流れる川。紀ノ川最大の支流。高野(こうや)山弁天岳(標高985メートル)に源を発して西流し、途中真国(まくに)川を合わせて海南市東部で向きを北東に変え、岩出(いわで)市南部で紀ノ川に合流する。長さ39キロ。下流はモモの産地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きしがわ【貴志川】

和歌山県北部を流れる川で,紀ノ川最大の支流。全長39km。高野山に源を発して西に流れ,海南市沖野々で流路を大きく北に転換し,貴志川町を経て岩出町で紀ノ川に合流する。沖野々より上流は,野上谷と呼ばれ,低い分水嶺を越えて海南市の日方川の谷に至るが,河川争奪があったため貴志川に大きな曲流が生じたと解釈されている。野上谷一帯は,近世以来,シュロの栽培が行われ,下流部ではたわし,ほうき,縄の生産が盛んであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の貴志川の言及

【美里[町]】より

…人口4423(1995)。紀ノ川の支流貴志川が中央を西流し,貴志川の支流鞆淵(ともぶち)川が北部を西流する。貴志川の谷筋は野上谷とよばれ,川沿いに高野街道が通り,中心集落の神野市場(こうのいちば)から南に竜神街道が分岐し,有田郡との境をなす長峰山脈を遠井辻(といつじ)峠によって越える。…

※「貴志川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貴志川の関連キーワード毛原オートキャンプ場貴志川(旧町名)和歌山県紀の川市野上(和歌山県)ウルトラ駅長たま桃山(和歌山県)万葉の和歌鶴紀の川(市)貴志川[町]紀の川[市]貴志川〈町〉紀美野(町)桃山[町]ニタマ駅長アゼリニャたまII世海南[市]神野真国荘美里[町]美里〈町〉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貴志川の関連情報