コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投ずる トウズル

デジタル大辞泉の解説

とう・ずる【投ずる】

[動サ変][文]とう・ず[サ変]
投げる。投げ入れる。投じる。
㋐物を投げる。ほうる。「白球を―・ずる」「一石を―・ずる」
㋑投げ込むようにして入れる。投げ入れる。「一票を―・ずる」「滝壺に身を―・ずる」「獄に―・ずる」
㋒離れた所から届くようにする。投げかける。「光を―・ずる」
㋓途中でやめてしまう。投げ出す。「筆を―・ずる」
㋔ある環境の中に自分から進んで身を置く。「反対運動に身を―・ずる」
㋕資金・労力などを、惜しまずつぎ込む。「財を―・ずる」
㋖薬などを与える。投与する。「解熱剤を―・ずる」
自分自身を入れ置く。投じる。
㋐うまく利用する。つけいる。乗ずる。「時流に―・ずる」
㋑宿をとる。宿泊する。「旅宿に―・ずる」
㋒降参する。投降する。「敵の軍門に―・ずる」
㋓互いに合う。一致する。「嗜好に―・ずる」「意気相(あい)―・ず」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうずる【投ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 とう・ず
(自動詞)
屈する。投降する。 「敵軍に-・ずる」
つけこむ。乗ずる。 「時流に-・ずる」 「其の為す所機に-・じ/露団々 露伴
一致する。投合する。 「意気相あい-・ずる」 「甲と丙と逢ふときは必ず相-・じて/文明論之概略 諭吉
とまる。投宿する。 「旅宿に-・ずる」
(他動詞)
(手に持って)なげる。遠くに放る。 「直球を-・ずる」 「一石を-・ずる」
投げ込むように入れる。 「白票を-・ずる」 「獄に-・ずる」
ある環境の中へ身を投げ出す。 「解放運動に身を-・ずる」
遠くまで届かせる。投げかける。 「影を-・ずる」 「光を-・ずる」
金などを差し出す。 「巨額の資金を-・ずる」
贈る。与える。また、投与する。 「薬餌やくじを-・ずる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

投ずるの関連キーワードウイリアム・トーマス ステッドV. ロンバルド・トレダノコンデ親王ルイ[2世]ロンバルド・トレダノラ・ロシュフーコーシャトーブリアン赤と黒(詩雑誌)鷹野徳右衛門ヒル(蛭)石デウカリオンちまき(粽)北沢 恒彦ウルカヌスシルエットクラッシスアマルガム暗影・暗翳レフスキブレークイェーツ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

投ずるの関連情報